アデノイド肥大・扁桃の異常(扁桃肥大含む)

著者: 林達哉 旭川医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正済:2021/01/20
現在監修レビュー中

参考ガイドライン:
  1. 米国小児科学会(AAP):Diagnosis and Management of Childhood Obstructive Sleep Apnea Syndrome(2012)
  1. 米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会(AAO-HNS):Clinical Practice Guideline: Tonsillectomy in children (Update) (2019)
  1. 米国睡眠医学会(AASM):The International classification of sleep disorders; 3rd ed, Academy of Sleep Medicine, Darien IL(2014)

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

概要・推奨  

  1. 概要:
  1. 扁桃肥大(アデノイド肥大を含む)は小児の睡眠時無呼吸(OSA: obstructive sleep apnea)を含む閉塞性睡眠時呼吸障害(oSDB: obstructive sleep-disordered breathing)の最も一般的な原因であり、このような小児患者に口蓋扁桃摘出術±アデノイド切除術は非常に有効である。一方、術後出血などの術後合併症もみられることから、手術適応は慎重に評価しなければならない。成人の扁桃肥大では腫瘍性病変の可能性を念頭に置いて診断を進める必要がある。
  1. 推奨:
  1. 口蓋扁桃やアデノイドが肥大し、これが上気道閉塞の原因となって睡眠時無呼吸などの睡眠時呼吸障害を来した場合にのみ治療の対象とする(推奨度2)。
  1. 扁桃肥大によるoSDBの確定診断のために、終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)の実施が難しい場合、手術で改善が期待される成長障害、学業成績の不振、夜尿症、喘息、多動状態等がみられることを患者家族に確認し適応判断の材料とすることを推奨する(推奨度2)。
  1. 扁桃肥大によるoSDBが疑われる患者が2歳未満、肥満、ダウン症候群、顎顔面形成障害、神経骨格筋の異常等を伴う場合には、術前PSGを推奨する(推奨度2)。
  1. 扁桃肥大によるoSDB小児例の場合、スマートホンなどによる睡眠時ビデオ記録を参考にすることを推奨する(推奨度2)。
  1. oSDBに対して口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術を実施する場合、術後に改善が得られず、他の治療法が必要になることがあることを、患者家族に予め説明しておくことを推奨する(推奨度2)。
  1. 手術治療を希望しない例には、アレルギー性鼻炎用の点鼻ステロイド薬の使用を推奨する(推奨度2)。
 
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 扁桃肥大(アデノイド肥大を含む)による睡眠時呼吸障害(oSDB: obstructive sleep-disordered breathing)の有無の確定には終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)がゴールドスタンダードである(American Academy of Sleep Medicine: The International classification of sleep disorders; 3rd ed, Academy of Sleep Medicine, Darien IL, 2014)。一方、実臨床において小児患者にPSGを適用することは必ずしも容易ではない。PSGの実施が難しい症例に対する対応が明記された米国のガイドライン(American Academy of Otolaryngology Head and Neck Surgery: Clinical Practice Guideline: Tonsillectomy in Children (Update)-Executive Summary. Otolaryngology -- Head and Neck Surgery. 2019 Feb;160(2):187–205.)に基づき、手術適応の推奨を明確化した。

ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!