野球肩 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
米田稔1) 山田真一2) 1)日本医科大学 整形外科学 2)JCHO星ヶ丘医療センター 整形外科...

概要

ポイント:
  1. 野球肩とは、投球時の肩の異常により自身本来のパフォーマンスが発揮できない肩関節状態の総称であり、その病態は多岐にわたる。1つの疾患名ではないことを、まず認識しておかなければならない。
  1. 野球肩の病態は疲労や機能異常から器質的損傷まで様々であり、それらの病態が複雑に絡み合っている。
  1. 野球肩の治療のためには病態把握と原因把握が重要である。
  1. 野球肩のほとんどは不良な投球フォームやオーバーユースによる疲労や微小外傷の繰り返しが基盤となって発症している。
  1. したがって、まず行うべき治療は発症の原因に対する保存療法である。90%以上の症例で保存療法により投球復帰が可能である。
 
診断:  >詳細情報 
  1. 病歴、疼痛の起こるタイミングなどの詳細な問診と診察(診察の詳細 >詳細情報 )により診断を行う。
  1. 通常、補助診断として、単純X線やMRI、エコー(超音波)を行うことが多いが、場合によってはCT、動態撮影、骨シンチグラフィが有用である。
  1. 臨床所見に乏しく、ほぼ投球時の痛みしか出現しない場合、投球テスト(局所麻酔薬によるブロックテスト)を行い、病因が関節内のものか滑液包側のものかを診断する。ときにはベネット骨棘部へのブロックも追加して行う。<図表>
  1. 関節動揺性検査は側臥位でも行い、健患側差がある場合には前上方不安定症を想起する。
 
リトルリーグ肩: >詳細情報 
  1. 小学生で比較的急に疼痛が出現し、その後改善なく投球時痛が持続している場合はリトルリーグ肩(上腕骨近位骨端線離解)を想起する。
 
有痛性ベネット骨棘障害: >詳細情報 
  1. 投球の加速期からフォロースルー期に肩の後方または奥に鋭い痛みを訴える場合は有痛性ベネット骨棘障害や四辺形間隙症候群(quadrilateral space syndrome)を想起する。ある1球のエピソードを有している場合はベネット骨棘の骨棘部骨折の可能性がある。
 
上腕二頭筋長頭腱炎: >詳細情報 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

画像評価例
  1. 器質的損傷の評価・診断の為に必要な検査である。両側肩甲骨動態撮影は肩甲骨機能の評価だけでなく、リトルリーグ肩、ベネット骨棘の診断にも有用である。
○ 機能異常に1)、腱板・関節唇・神経など軟部組織異常に2)4)5)、骨性異常に3)の検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

野球肩の診断と治療アルゴリズム
O’Brien テスト
Forced shoulder abduction and elbow flexion テスト (Forced abduction テスト)
Mimori テスト
Clunk テスト
Impingement テスト (Neerの手技)
Impingement テスト (Hawkinsの手技)
Forced ABER (abduction and external rotation)テスト
load & shift テスト(坐位)
load & shift テスト (臥位)
著者校正/監修レビュー済
2017/03/31


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ