肩鎖関節脱臼 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
西中直也1) 筒井廣明2) 1)昭和大学スポーツ運動科学研究所/昭和... 2)昭和大学藤が丘病院整形外科/昭和大学...

概要

疾患のポイント:
  1. 肩鎖関節は鎖骨外側端と肩峰の前内側の関節面からなる関節でこれが脱臼する外傷である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 診察:
  1. 疼痛により可動域制限が認められ、肩鎖関節と烏口鎖骨靱帯が存在する鎖骨遠位部下方に圧痛を認める。
  1. 完全脱臼の場合には鎖骨末梢が上方に浮き上がり、“piano key phenomenon”(鎖骨遠位端を押すと、遠位端が沈み込む浮動感)とよばれる状態になる。
  1. 画像検査:
  1. 肩鎖関節2方向のX線撮影を行い脱臼、亜脱臼の確認を行う。左右を比較すると脱臼の程度を把握しやすい。<図表>
  1. 不安定性を把握するには上肢を下方へ牽引するストレス下でのX線撮影により明らかとなる。
  1. 後方への脱臼を確認するには腋窩(軸写)撮影が有用だが、症例によってはCT撮影が必要になる。
  1. piano key phenomenon:<動画>
  1. 肩鎖関節脱臼の単純X線:<図表>
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 重症度とは保存療法でなく手術療法が余儀なくされるかによるが、治療選択には解剖学的な靱帯損傷の部位、程度を考慮する。Rockwoodの分類が使われることが多い。 解説 
  1. 肩鎖関節脱臼に対するRockwood分類:<図表>
 
治療: >詳細情報 
  1. 応急処置: >詳細情報 
  1. スポーツの現場などでの受傷では応急処置が可能となるが、三角巾による患部の安静をする。
  1. RICE処置のうち、Rest、IcingおよびCoolingを行う。
  1. 治療法まとめ:
  1. Rockwood 分類により治療法を選択するのがクリアカットである。
  1. TypeⅠ、Ⅱ損傷:保存療法。
  1. TypeⅣ、Ⅴ、Ⅵ損傷:手術療法。
  1. TypeⅢ:保存、手術療法の長所、短所を説明し社会的背景を加味してどちらかを選択する。
  1. 保存療法:
  1. ポイント:Kenny Howard braceが比較的使用されるが、苦痛が伴う場合も多く、三角巾のみの簡単な安静を保つ程度にして疼痛軽減後早期より機能的リハビリテーションを施行することも多い。
  1. 利点:リハビリテーションの短期化、早期スポーツ復帰、手術(全身麻酔)を回避できるなど。
  1. 欠点:外観上の変形残存、違和感や易疲労感が残存する可能性など。
  1. 保存療法の効果、リスクなどのエビデンス: 解説 
  1. Kenny Howard brace:<図表>
  1. 手術療法:
  1. ポイント:受傷から1カ月以内程度の新鮮例であれば、Phemister変法が一般的である。陳旧例では靱帯再建術が必須となり、Neviaser変法(肩鎖関節再建)、Cadenat変法(烏口鎖骨靱帯再建)、Dewar法(筋移行術)などが一般的である。
  1. 利点:変形が矯正されるなど。
  1. 欠点:全身麻酔が必要、術創が残る、術後感染の問題、固定材料破損、リハビリテーションの長期化など。
  1. オペの種類と、オペのシェーマ:<図表>  解説 
  1. リハビリテーション:
  1. 前方挙上、外転を90°までに制限をする。これ以上の角度では損傷した肩鎖関節に負担がかかる。これ以外は通常の肩関節のリハビリテーションプロトコールに準じる。
  1. 肩鎖関節脱臼術後リハビリテーションプロトコール: 解説 
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 患者の背景を考え、保存か手術療法かの選択に迷うときや手術療法が決定した場合は専門医への紹介が望ましいであろう。
 
臨床のポイント:
  1. 手術するか、しないかは、十分患者に得失を説明して決めること。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断方法・保存療法例
  1. すべての患者で、単純X線撮影(両側肩鎖関節2方向)を行い脱臼、亜脱臼の確認をする。保存療法を選択したなら下記のごとく外来通院で経過観察する。
  1. 薬物療法:疼痛が強い場合は軽快するまでの間、消炎鎮痛剤の内服、外用薬を処方する。
  1. TypeⅠ、TypeⅡ:疼痛軽減するまでの期間三角巾による安静とする。疼痛がなければ三角巾も不要である。疼痛が長期に継続する場合は可動域制限が生じることもありリハビリが必要である。
  1. TypeⅢ:三角巾よる安静か、Kenny Howard braceによる整復位の保持を選択してもらう。Kenny Howard braceを使用した場合は6~8週間の固定期間後にリハビリテーションを開始する。皮膚損傷の二次的問題点、6週間の固定でも完全な整復位が得られないこともあることをお話しする。
  1. 薬物療法は本外傷に特化したものはない。NSAIDsと胃薬とを併用して処方する。2週間程度が目安である。
○ 1)と理学所見で本症を確認する。必要であれば2)、3)、4)を処方する。
1)
単純X線
2)
ロキソニン錠[60mg] 3錠 分3 7日間 [適用内/用量内/㊜外傷](編集部注:想定する適用病名「肩鎖関節脱臼、外傷」/2015年11月)
薬剤情報を見る
薬理情報 鎮痛・解熱薬 >NSAIDs(プロピオン酸系)
同効薬一覧
要注意情報
3)
セルベックスカプセル[50mg] 3錠 分3 7日間 [肩鎖関節脱臼は適用外/他適用用量内/㊜胃炎]
薬剤情報を見る
薬理情報 消化性潰瘍治療薬 >防御因子増強薬
同効薬一覧
要注意情報
腎可 肝可 妊1 不明 児量無
4)
ロキソニンテープ50mg[7cm×10cm] 1日1枚貼付 [適用内/用量内/㊜外傷]
薬剤情報を見る
薬理情報 鎮痛・解熱薬 >貼付用鎮痛薬
同効薬一覧
要注意情報
腎可 肝可 不明 不明 児量無

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

Rockwood分類による治療方針の決定
肩鎖関節の解剖
肩鎖関節脱臼の単純X線
肩鎖関節脱臼に対するRockwood分類
Kenny Howard brace
著者校正/監修レビュー済
2016/09/02


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ