回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
根本孝一 医療法人永仁会 入間ハート病院

概要

疾患のポイント:
  1. 絞扼性神経障害とは、末梢神経が関節の近くで関節包、靱帯、筋起始部などの腱性構造物によって形成された線維性、骨線維性のトンネルを通過する部位に何らかの原因が加わり、さらに関節運動などの機械的刺激によって生じる限局性の神経障害である。 
  1. 最も多い絞扼性神経障害は手根管症候群ついで肘部管症候群であるが、本稿では、絞扼性神経障害のうち、回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群について記載する。
  1. 回内筋症候群は肘高位で正中神経に、前骨間神経麻痺は、正中神経の前骨間神経(純運動枝)に発生する絞扼性神経障害である。
  1. 回外筋症候群は肘高位で、橈骨神経の分枝である後骨間神経(橈骨神経深枝、純運動枝)に発生する絞扼性神経障害である。
  1. Wartenberg症候群は前腕で発生する橈骨神経浅枝(純感覚枝)の絞扼性神経障害である。
  1. 絞扼性神経障害: 解説 
  1. 圧迫が神経内組織に及ぼす影響: 解説 
  1. 正中神経の解剖: 解説 
  1. 正中神経と回内筋起始部: 解説 
  1. 肘部における正中神経障害の誘発テスト: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺の評価・治療例
  1. 肘関節の単純X線(肘関節2R、頚椎2R)、MRI(肘[Axial、Coronal])を行う。
  1. 電気生理学的検査を行う(神経伝導速度検査。運動麻痺があれば針筋電図[ただし、脱神経電位は発症後3週経過しないと検出できない])。
  1. 空間占拠性病変があれば、手術(神経剝離術+空間占拠性病変の処置)を行う。
  1. 空間占拠性病変がなければ、保存的治療(ビタミン B12投与)を行う。
  1. 保存的治療を3~6カ月行っても回復しない場合は、手術(神経剝離術)を行う。
  1. 神経剝離術を施行後1~2年経過しても運動麻痺の回復が不十分な場合には機能再建手術(腱移行術)を行う。
○ 麻痺症状から障害神経を推量し、障害高位を決定すべく1)、2)、3)の諸検査を行う。治療として4)~9)を適宜併用する。

追加情報ページへのリンク

  • 回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群に関する詳細情報
  • 回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群に関する評価・治療例(詳細) (2件)
  • 回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群に関するエビデンス・解説 (16件)
  • 回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群に関する画像 (23件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

回内筋症候群・前骨間神経麻痺の診断と治療
回外筋症候群・後骨間神経麻痺の診断と治療
Wartenberg症候群の診断と治療
徒手筋力テスト(manual muscle test、MMT)
Tinel様徴候
固有支配領域
tear drop徴候
下垂指(drop finger)
下垂手(drop hand)
前骨間神経麻痺
著者校正/監修レビュー済
2016/11/30


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ