腰椎変性すべり症 :トップ    
監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室
竹下克志 自治医科大学整形外科

概要

疾患のポイント: >詳細情報 
  1. 腰椎変性すべり症とは、加齢による腰椎椎間板と椎間関節の変性の結果、上位椎が下位椎に対し前方にすべりを生じた状態である。中年以降の女性に多い。
  1. 脊柱管狭窄症を合併することが多く、臨床症状は腰痛あるいは神経性跛行などの下肢症状(脊柱管狭窄による)が主体で、中心性脊柱管狭窄が高度な例では膀胱直腸障害を呈することがある。
  1. 歩行や立位保持によって出現・増悪する下肢痛を訴える。腰の後屈で出現・増悪し、前屈で軽快する下肢症状を有する。
  1. 患者の訴え言葉:「下肢に痛み・しびれが出て長く歩けない」「自転車に乗るといくらでも移動できる」
 
診断: >詳細情報 
  1. 歩行・立位保持によって出現あるいは増悪する下肢への放散痛がある。
  1. 腰椎単純X線により変性すべり症の程度を、MRIで脊柱管狭窄の程度を評価する。
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. すべりの程度が少ない症例では短期間で症状が消失するケースも多く、予後は良好である。
  1. すべりの程度が多い症例では保存治療に反応しない場合や下肢症状の寛解・増悪を繰り返す場合が増えてくる。
  1. 重度の運動知覚麻痺や尿閉などの強い膀胱直腸障害を来す症例は予後不良である。
  1. 手術の合併症率も低く、成績はよい。
 
治療: >詳細情報 
  1. 腰部脊柱管狭窄症に準ずる。薬物としてはプロスタグランジン製剤や抗けいれん薬、オピオイドなどがある。症状が強い場合には神経根ブロックなどを考慮する。 >詳細情報 
  1. 運動知覚麻痺や膀胱直腸障害がある場合は手術適応である。 >詳細情報 
 
専門医相談のタイミング: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断・重症度評価のための検査例
  1. 歩行・立位保持によって出現増悪する下肢への放散痛があり、Kemp徴候が陽性になることにより、腰部脊柱管狭窄症の臨床診断を行う。
  1. 腰椎単純X線により変性すべり症の有無を診断し、MRIで脊柱管狭窄の程度を診断する。
○通常1)にて診断をする。神経障害の強い例や増悪例では2)を行い、2)が撮影できない例では3)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2016/08/19