慢性閉塞性肺疾患 :トップ    
監修: 長瀬隆英 東京大学 内科学専攻器官病態内科学講座
長瀬隆英 東京大学 内科学専攻器官病態内科学講座

概要

疾患のポイント:
  1. 慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease、COPD)とは、タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生ずる肺の炎症性疾患であり、呼吸機能検査で正常に復することのない気流閉塞を示す。
  1. 臨床の場では、慢性気管支炎や肺気腫などの疾患名が汎用されている。
  1. 慢性気管支炎の定義:
  1. 喀痰症状が年に3カ月以上あり、それが2年以上連続して認められることが基本条件となる。この病状がほかの肺疾患や心疾患に起因する場合には本症として取り扱わない。
  1. 肺気腫の定義:
  1. 終末細気管支より末梢の気腔が肺胞壁の破壊を伴いながら異常に拡大しており、明らかな線維化は認められない病変を指す。
  1. 臨床的には徐々に生じる体動時の呼吸困難や慢性の咳、痰を特徴とする。
  1. COPD患者にみられる息切れの進行の悪循環:<図表>

診断: >詳細情報 
  1. 気管支拡張薬吸入後のスパイロメトリーで1秒率が70%未満であればCOPDと診断する。
  1. 並行して、胸部X線写真、心電図により、気管支拡張症、肺結核後遺症、びまん性汎細気管支炎などを鑑別する。
 
治療: >詳細情報 
  1. 治療の基本は、禁煙 エビデンス 、インフルエンザワクチン( エビデンス )、COPDのstepwise管理、全身併存症のコントロールである。
  1. 加齢および喫煙と気流閉塞:<図表>

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

COPDのstepwise薬剤治療方法例
  1. 治療は重症度( >詳細情報 )に基づきstepwiseに行う。
  1. 安定期COPDの重症度に応じた管理:アルゴリズム
  1. すべての患者に、禁煙指導( エビデンス )、インフルエンザ・ワクチン( エビデンス )を行う。
  1. I期から、呼吸リハビリテーションを行う。
  1. 病期により、長時間作用型の抗コリン薬( エビデンス )、カルボシステイン( エビデンス )→長期間作用型の抗コリン薬・β2刺激薬の併用( エビデンス ) (テオフィリンの追加)→酸素療法→外科療法とstepwiseに治療を追加していく。
  1. 必要に応じて、短時間作用型気管支拡張薬を使用する。
  1. また、繰り返す増悪を認める患者では、吸入ステロイドの追加( エビデンス )を検討する。
  1. スピリーバとスピオルトはどちらか1つ、アドエアとシムビコートはどちらか1つを使用する。
○ 上記の記述に沿って、stepwiseに下記の加療を選択する。とくに禁煙指導と1)が大事である。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

安定期COPDの重症度に応じた管理
COPD患者にみられる息切れの進行の悪循環
加齢および喫煙と気流閉塞
著者校正/監修レビュー済
2018/07/04

改訂のポイント:
  1. 「COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第5版」
に基づき、薬剤および「安定期COPDの重症度に応じた管理」アルゴリズムを改訂した。


詳細ナビ