爆弾テロ :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
竹島茂人 自衛隊中央病院

概要

ポイント:
  1. 爆弾テロは、今や世界的にみてまれな事故ではなくなってきている。2013年4月のボストンマラソンでの爆弾テロが有名であるが、その後も2015年8月のバンコックや、同年9月には中国、10月にはトルコでも爆弾テロが発生している。治安が比較的よく、優秀な公安・警察を持つ日本では、爆弾テロの発生は近年みられないが、今後も起こらないという保証はない。爆弾テロによって引き起こされる、多発外傷の種類とメカニズム、そして現場で救護活動を行う際の注意点などについての知識は、医療従事者であれば知っておかなければならない必須のものになりつつある。
  1. 爆弾テロは、数あるテロ手段のなかでも代表的なものである。爆弾の種類は、多種多様で比較的容易に準備可能なものもある。  >詳細情報 
  1. 爆弾テロによる損傷の特徴は、以下の3点である。
  1. ① 爆発に起因する鈍的損傷、鋭的損傷、熱傷、四肢断裂、クラッシュ症候群、空気塞栓などが複合した損傷形態を呈する 
  1. ② 外観上は身体損傷を認めない場合でも爆風により、鼓膜・肺・腸管などに損傷が存在する可能性がある(一次爆風損傷) 
  1. ③ 爆弾の破片などによる多発性の穿通創(二次爆風損傷)が多く、これが致命傷となることが多い 
  1. 爆弾テロ発生時の大量傷者治療アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 爆風による単独神経障害の評価アルゴリズム(一例):アルゴリズム
  1. 以前は、鼓膜損傷が一次爆風傷による肺損傷、腸管損傷の指標になるといわれていたが、近年の研究により鼓膜損傷がなくても肺損傷、腸管損傷が一次爆風傷として起こり得ることが分かってきた。
  1. 爆風損傷によるTBI(Traumatic Brain Injury)について、メカニズムは明らかではないが、頭痛、耳鳴り、鼻腔の過敏性、健忘症やPTSDといった症状との関連性が指摘されている。
 
爆風損傷の分類: >詳細情報 
  1. 爆弾の爆発による損傷は、その発生メカニズムにより、一次爆風損傷から五次爆風損傷の5つに分類されている。
  1. 一次爆風損傷:爆弾の爆発により生じた圧力波エネルギー(衝撃波・爆風)による直接的な人体損傷。  …

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

爆弾テロ発生時の大量傷者治療アルゴリズム
爆風による単独神経障害の評価アルゴリズム(一例)
一次~三次爆風損傷
2008年7月1日から2010年1月15日までの間に爆発により受傷した517名の軍人の予後
二次爆風損傷
著者校正/監修レビュー済
2016/05/27