検死の方法 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
中西泰造 福井県立病院 救命救急センター

概要

ポイント:
  1. 検死(検屍)とは、医師が法医学的知識に基づき死体を外表から検査する行為である。なお、これを検察官の代行で検察事務官もしくは司法警察員が行った場合は、検視という。
  1. 検死で得られた情報に加え、死亡時の状況や経緯など種々の情報を加味したうえで、死因や死亡時刻の推定などを行うのが死体検案である。
  1. どのような患者に死体検案を行うのかは、 死亡診断書と死体検案書 の項目を参照してほしい。
  1. またほかに、警察官が行う検視の補助行為として医師に依頼される場合がある。
  1. 死体検案を行い異状がなければ、死亡診断書もしくは死体検案書を発行して終了である。しかし犯罪性が疑われたり、死因がはっきりしない場合には法医解剖を行うべきである。死体検案で得られる情報は限られているため、安易に死因を決定するのではなく、解剖を勧める。
  1. 死体検案のみではAi(autopsy imaging)を併用しても不完全である。死亡までの経緯が明らかでない場合は特に、安易に病死とするのではなく、警察へ異状死届け出を行い、捜査を促す。
 
一般的な注意点: >詳細情報 
  1. 着衣は身元確認だけでなく、受傷機転の推測にも有用である。皮膚や爪の残留物も重要な資料なので保管する。
  1. 血液や髄液などを採取する場合は遺族に説明し同意を得る。
 
検死時の観察ポイント: >詳細情報 
  1. 全身の概観、体温、死斑、死体硬直を評価した後、局所を詳細に観察していく。死亡時期の推定はすべての死体現象から総合的に判断し、また目撃証言や生活情報を加味して決定する。
  1. 体温:死後1、2時間は死亡時の深部温からほとんど変化しない。その後、1時間に約0.8℃の速さで死後12時間まで急速に低下し、外気温に近づくと緩徐になる。同一温度計を挿入したままの状態で複数回測定することで誤差を少なくする。体格や環境温、死因などさまざまな要因に左右される。測定時刻と外気温を忘れずに記入する。
  1. 死斑:死体低位部にみられ、圧迫で消退するか、体位変…

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2016/04/22