爪床裂傷 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
山田直樹 福井大学医学部附属病院 救急部

概要

疾患のポイント:
  1. 爪床裂傷とは爪床の皮膚が裂けた状態で、「誤って指先をハンマーで叩いた」「ドアに挟んだ」など、指尖部の圧挫創の病態の一部として発生し得る。
  1. 将来、爪が永続的に変形を来さないために、できるだけ平らに爪床を修復する。
 
診断: >詳細情報 
  1. 創部の詳細な観察によって診断する。
  1. 圧挫創の場合には末節骨骨折を伴うことが多く、臨床所見から明らかに否定的でなければX線撮影する。
 
治療:アルゴリズム  >詳細情報 
  1. 爪甲の損傷がないか軽微な場合、爪甲を剥離・挙上して爪床裂傷の有無・程度を確認し、裂傷が小さくて離開がわずかな傷であれば縫合などの必要はなく、そのまま生理食塩水洗浄して爪甲を解剖学的に正しい位置に戻す。
  1. 爪甲を貫通して受傷した爪床裂傷で、離開がわずかで安定していれば、生理食塩水で洗浄後、皮膚用局所接着剤(ダーマボンド)などで固定するだけの治療が可能である。
  1. 爪甲を貫通して受傷した爪床裂傷が大きく開いている場合には、Oberst麻酔(=指ブロック)下に図<図表>の要領で爪甲を剥離、生理食塩水洗浄し、吸収糸(6-0~7-0のVicryl等)で爪床を縫合したうえで、爪甲を解剖学的に正しい位置に戻して保護用ドレッシング材として用いる。
 
専門医への紹介: >詳細情報 
  1. 必要により整形外科・手の外科専門医にコンサルトする。
 
臨床のポイント:
  1. 爪床裂傷は末節骨骨折を伴うことが多いので注意を要する。
  1. 爪床裂傷はなるべく平らに修復する(6-0~7-0の吸収糸)。
  1. 破傷風予防を忘れない。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時、フォローアップ時の検査例
  1. 圧挫創の場合には末節骨骨折を伴うことが多く、臨床的に明らかに否定的でなければX線撮影を考慮する。
○ 車のドアに挟まれたなどの受傷機転ではX線を要する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

爪床裂傷の初期対応アルゴリズム
爪甲の剥離
著者校正/監修レビュー済
2017/02/28