今日の臨床サポート

爪床裂傷

著者: 山田直樹 福井大学医学部附属病院 救急部

監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院

著者校正/監修レビュー済:2022/04/13
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 破傷風トキソイド接種から5年以上経過していれば、追加接種を考慮する(推奨度2)
 
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
山田直樹 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:林寛之 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 「誤って指先をハンマーで叩いた」「ドアに挟んだ」など、指尖部の圧挫創の病態の一部として発生し得る。
  1. 将来、爪が永続的に変形を来さないために、できるだけ平らに爪床を修復する。
  1. 損傷が重度・複雑な場合には、手の外科専門医に依頼する必要がある。
  1. 骨損傷を合併することが多い。
  1. 抜爪して爪床を縫合する際には、吸収糸を用いる(抜糸が苦痛を伴うため)。
問診、診察のポイント  
  1. 圧挫創の場合には末節骨骨折を伴うことが多く、臨床所見から明らかに否定的でなければX線撮影する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

William L Atkinson, Larry K Pickering, Benjamin Schwartz, Bruce G Weniger, John K Iskander, John C Watson, Centers for Disease Control and Prevention
General recommendations on immunization. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) and the American Academy of Family Physicians (AAFP).
MMWR Recomm Rep. 2002 Feb 8;51(RR-2):1-35.
Abstract/Text This report is a revision of General Recommendations on Immunization and updates the 1994 statement by the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) (CDC. General recommendations on immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices [ACIP]. MMWR 1994;43[No. RR-1]:1-38). The principal changes include expansion of the discussion of vaccination spacing and timing, recommendations for vaccinations administered by an incorrect route, information regarding needle-free injection technology, vaccination of children adopted from countries outside the United States, timing of live-virus vaccination and tuberculosis screening, expansion of the discussion and tables of contraindications and precautions regarding vaccinations, and addition of a directory of immunization resources. These recommendations are not comprehensive for each vaccine. The most recent ACIP recommendations for each specific vaccine should be consulted for additional details. This report, ACIP recommendations for each vaccine, and other information regarding immunization can be accessed at CDCs National Immunization Program website at http.//www.cdc.gov/nip (accessed October 11, 2001).

PMID 11848294
Eric J Strauss, Wayne M Weil, Charles Jordan, Nader Paksima
A prospective, randomized, controlled trial of 2-octylcyanoacrylate versus suture repair for nail bed injuries.
J Hand Surg Am. 2008 Feb;33(2):250-3. doi: 10.1016/j.jhsa.2007.10.008.
Abstract/Text PURPOSE: To prospectively compare the efficacy of 2-octylcyanoacrylate (Dermabond; Ethicon Inc, Somerville, NJ) with standard suture repair in the management of nail bed lacerations.
METHODS: Forty consecutive patients with acute nail bed lacerations were enrolled in this study. Eighteen patients were randomized to nail bed repair using Dermabond (2-octylcyanoacrylate), and 22 were randomized to standard repair using 6-0 chromic suture. At presentation, demographic information and laceration characteristics were recorded. The time required for nail bed laceration repair with each method was documented, and cosmetic and functional outcomes were assessed at 1, 3, and 6 months after injury. Comparisons between treatment groups were made using unpaired Student's t-tests.
RESULTS: The Dermabond repair group was composed of 10 males and 8 females with a mean age of 32.3 years. The suture repair group was composed of 17 males and 5 females with a mean age of 29.5 years. The mean follow-up was 5.1 months (range 4-11 months) and 4.8 months (range 4-11 months) for the Dermabond group and suture group, respectively. There was no difference between the two treatment groups with respect to age, comorbidities, and length of follow-up (p>.05). The average time required for nail bed repair using Dermabond was 9.5 minutes, which was significantly less than that required for suture repair (27.8 minutes) (p<.0003). At each follow-up time point, there was no statistical difference in physician-judged cosmesis, patient-perceived cosmetic outcome, pain, or functional ability between the Dermabond and suture treatment cohorts (p>.05).
CONCLUSIONS: Nail bed repair performed using Dermabond is significantly faster than suture repair, and it provides similar cosmetic and functional results. In the management of acute nail bed lacerations, Dermabond is an efficient and effective repair technique.
TYPE OF STUDY/LEVEL OF EVIDENCE: Therapeutic I.

PMID 18294549

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから