排尿障害と尿路カテーテル管理(在宅医療) :トップ    
監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部
大橋輝久 かとう内科並木通り診療所

概要

ポイント:
  1. 排尿症状は、蓄尿障害(頻尿、尿失禁ほか)と排出障害(排尿困難、残尿感、尿閉ほか)に大きく分けられる。<図表><図表>アルゴリズム
  1. 排尿に関してのトラブルは、男性の場合は尿の切れが悪くなる下部尿路閉塞(前立腺肥大症・膀胱出口部閉塞)や、下着に漏らしたり、トイレに間に合わない切迫性尿失禁(過活動膀胱)が多い。また、女性の場合はくしゃみや歩行などの運動により、尿意に関係なく漏れる腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁が多い(尿失禁の種類:<図表>)。
  1. 特に、高齢者では尿意切迫感、切迫性尿失禁を訴える過活動膀胱が多数存在するが、同時に、下部尿路閉塞や排尿筋収縮力低下も合併していることがあり、残尿のチェックが重要である。
  1. 過活動膀胱に加齢による排尿筋収縮力低下が合併すれば、収縮力低下随伴性排尿筋過反射(detrusor hyperactivity with impaired contractility 、DHIC)と呼称される頻尿、尿意切迫感、切迫性尿失禁があるも残尿が認められる病態を呈する。在宅療養の患者では見逃されやすい疾患と考える。
  1. 過活動膀胱の診療アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 男性下部尿路症状診療のアルゴリズム:アルゴリズム

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

在宅における排尿管理の手順
  1. まず患者のADLおよび介護力を把握する(利用できる排泄関連用具の選択)。
  1. 問診票などによる排尿障害の診断。
  1. 本人および介護者が一番困っている排尿症状の把握。
  1. 残尿測定。残尿が50mL以上ならα1遮断薬の先行投与を考慮。
  1. 頻尿、切迫性尿失禁ならβ3アドレナリン受容体作動薬あるいはムスカリン受容体抑制薬(抗コリン薬)の投与。
  1. 残尿が50mL以上なら、尿検査を行い尿路感染症の確認とともに男性なら各種α1遮断薬の投与、女性ならエブランチル(30mg/日 分2)の投与を行う。もし残尿の改善が不十分なら高血圧のある男性ではエブランチルの併用、女性ではエブランチルの増量(60mg/日 分2~90mg/日 分3)を行う。
  1. 残尿が減少した時点で頻尿、尿意切迫感が存在すれば短時間作用型ムスカリン受容体抑制薬(ステーブラ、ウリトス 0.1mg/日 分1)あるいはβ3アドレナリン受容体作動薬(ベタニス25mg/日 分1)を開始する。
〇 排尿困難が強い場合は1)を、切迫性尿失禁を認める場合は2)~4)を用いる。

追加情報ページへのリンク

  • 排尿障害と尿路カテーテル管理(在宅医療)に関する詳細情報
  • 排尿障害と尿路カテーテル管理(在宅医療)に関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • 排尿障害と尿路カテーテル管理(在宅医療)に関するエビデンス・解説 (7件)
  • 排尿障害と尿路カテーテル管理(在宅医療)に関する画像 (16件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

男性下部尿路症状診療のアルゴリズム
夜間頻尿の診療アルゴリズム
女性下部尿路症状初期診療のアルゴリズム
過活動膀胱の診療アルゴリズム
薬剤による排尿障害の悪化
前立腺肥大症(下部尿路閉塞)の症状
著者校正/監修レビュー済
2016/09/02


詳細ナビ