子宮体がん(進行期):Ⅱ期以上

著者: 渡利英道 北海道大学病院 婦人科

著者: 三田村卓 北海道大学病院 婦人科

著者校正/監修レビュー済:2018/09/05

概要・推奨  

疾患のポイント:
  1. ⼦宮内膜に発⽣した癌が子宮体部を超えて広がり、子宮頸部や卵巣卵管に浸潤した状態、経卵管的に腹腔内に播種した状態、血行性あるいはリンパ行性に転移した状態で発見される。
  1. 臨床病理学的分類(子宮体がん(初期):I期を参照)のうち、漿液性癌や明細胞癌などのⅡ型では、原発巣が子宮体部に限局する比較的小さい腫瘍でも播種や転移を起していることがある。
  1. 脈管侵襲の有無によらず、すべての症例が再発高リスクであり、術後の補助療法や再発時の治療を想定した集学的な治療戦略を練る必要がある。
子宮体癌の初回治療:術前にI・Ⅱ期と考えられる症例
 
子宮体癌の初回治療:術前にⅢ・Ⅳ期と考えられる症例
 
子宮体癌の再発治療
 
検査・処方例
※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)


ページ上部に戻る

疫学、診断、治療、予後、それらのエビデンス等をご覧になりたい場合には、
トライアル登録またはご契約へ