炎症性乳癌 :トップ    
監修: 中村清吾 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科学部門
山内英子 聖路加国際病院 乳腺外科

概要

  1. 乳癌診療ガイドライン 1治療編 2018年版
  1. 乳癌診療ガイドライン 2疫学・診断編 2018年版
の発表に伴い、現在アップデート中
 
疾患のポイント: >詳細情報 
  1. 炎症性乳癌とは、乳房皮膚の発赤や浮腫を特徴とする予後の悪いタイプの乳癌で、画像上はむしろ腫瘤が認められないこともある。全乳癌のうち0.5~2%を占めるといわれる。日本での頻度は全乳癌の約1%といわれている。
  1. 診断が難しく、乳腺炎として見逃されることも多く、予後が悪いにもかかわらず治療開始が遅れることがある。
  1. 乳房の発赤を認めたら、常に炎症性乳癌を鑑別診断に入れておくことが重要であり、炎症と思われても、抗菌薬などの治療に反応しない場合には、皮膚生検も考慮したアプローチが大事である。<図表> <図表>
 
診断: >詳細情報 アルゴリズム
  1. 診断はあくまで臨床診断であり、臨床的に疑われ、乳癌の組織診断が得られ、病歴として当てはまる場合に診断される。確定診断に必須の項目ではないが、皮膚のリンパ管の腫瘍塞栓が認められることも多く、皮膚の生検も重要である。
  1. 画像上は、むしろ腫瘤が認められないこともある。画像では皮膚の肥厚が認められることが多い。<図表> <図表> <図表>
 
ステージング・合併症の確認(T、N、M因子の決定): >詳細情報<…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

炎症の有無を評価するための検査
  1. まずは、本当に炎症反応によるものか、その程度と経過をみるために以下の検査は重要である。
○ 特に他のルーチン検査以外に1)~4)に注目する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

炎症性乳癌の診断
炎症性乳癌の集学的治療チャート
炎症性乳癌の臨床所見
乳房発赤のワークアップ
炎症性乳癌の診断
炎症性乳癌のMMG像
炎症性乳癌のMRI像
炎症性乳癌のMRI像
著者校正/監修レビュー済
2016/06/30


  • 腫瘍 の他のコンテンツを見る
  • 乳房 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ