伝染性膿痂疹 :トップ    
監修: 細川直登 亀田総合病院
上蓑義典 慶應義塾大学医学部 臨床検査医学

概要

疾患のポイント:
  1. 伝染性膿痂疹とは、黄色ブドウ球菌または連鎖球菌が皮膚の浅層に感染し、水疱あるいは膿疱を来す皮膚の化膿性疾患である。
  1. 膿痂疹には非水疱性と水疱性の2種類がある。
  1. 非水疱性膿痂疹:<図表>
  1. 水疱性膿痂疹:<図表>
 
診断: >詳細情報 
  1. 発疹の性状を診察することにより診断する。
  1. 非水疱性膿痂疹は丘疹から始まり、その後、周囲に紅斑を伴う小水疱を形成し、さらにその後、表面に黄色の痂皮を形成する特徴がある。
  1. 水疱性膿痂疹では小水疱が形成され、その後、黄色の漿液を内包する弛緩性水疱が形成される。それが破綻すると茶色の薄い痂皮が形成されるという特徴がある。
 
治療: >詳細情報 
  1. 外用抗菌薬:
  1. 治療には外用抗菌薬を使用する。外用抗菌薬としてはフシジン酸(フシジンレオ軟膏)、テトラサイクリン系薬であるテトラサイクリン(アクロマイシン)などが選択となる。MRSAが想起される際や治療難渋例にはムピロシン(バクトロバン)の使用を考慮する。 エビデンス   エビデンス 
  1. 内服薬:
  1. 外用が難しい例や全身に病変が広がっている場合には内服薬を考慮する。内服薬はセファレキシン(ケフレックス)、クリンダマイシン(ダラシン)、アモキシシリン・クラブラン酸配合(オーグメンチン)が選択肢となる。MRSAを想起する際はST合剤(バクタ)が選択肢となる。 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

外用薬治療例
  1. 膿痂疹は無治療の経過でも2週間程度で軽快することもあるとされている。しかし、外用治療は有益性が証明されており、強く推奨される。
  1. 外用抗菌薬としては、フシジン酸(フシジンレオ)、テトラサイクリン(アクロマイシン)などが選択肢となる。MRSAが想起された場合や治療難渋例では、ムピロシン(バクトロバン)の使用を考慮する。 エビデンス  エビデンス 
  1. 治療開始後24時間は感染性が強いので、登校や出勤を避けさせる。
○ 外用抗菌薬として、1)2)のいずれかを用いる。MRSAの関与を疑った場合・治療難渋例は3)を用いる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

伝染性膿痂疹の治療アルゴリズム
非水疱性膿痂疹
水疱性膿痂疹
著者校正済:2016/08/19
現在監修レビュー中