薬物依存 :トップ    
監修: 上島国利 昭和大学
成瀬暢也 埼玉県立精神医療センター

概要

疾患のポイント:
  1. 薬物依存とは、「精神的・身体的に薬物がやめられなくなる状態」である。大半は好奇心から始まり、初期には快感や陶酔感を求めて使用するが、次第に離脱期の不快や修復困難な社会生活上の破綻から逃避するために乱用するようになり、さらに強い渇望が加わってやめられなくなっていく。
  1. 依存には、精神依存と身体依存がある。すべての依存性薬物には精神依存がみられるが、身体依存まで形成する(中止による離脱症状が発現する)薬物は、アルコールのほかに、オピオイド(モルヒネ、コデイン、ヘロイン)、鎮静剤(ベンゾジアゼピン系の抗不安薬と睡眠剤)が主なものである。
 
診断: >詳細情報 
  1. 診断にはICD-10やDSM-Ⅳの「依存症候群」の基準を用いる(ICD-10の診断基準<図表>)。種々の依存性薬物があるが、WHOのICD-10によると、「依存症」とは、「精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激を求める抑えがたい欲求が生じ、その刺激を追い求める行動が優位となり、その刺激がないと不快な精神的・身体的症状を生じる疾患」と定義されている。
  1. 診断には、まず、薬物使用の有無を確認する。そのうえで、依存、有害な使用、離脱症状、後遺性障害など、いずれに該当するかを、ICD-10、DSM-Ⅳによって診断する。使用の有無は本人からはなかなか述べられないことも多いため、家族や友人などからの医療情報も有用である。
  1. なお、DSM-5では、依存や乱用の文言はなくなり、「使用障害」に一本化された。依存の7項目と乱用の3項目に加え、新たに物質使用への渇望の項目を含めた11項目のうち2項目以上をみたせば使用障害の診断がされ、重症度として、軽度(2~3項目)、中等度(4~5項目)、重度(6項目以上)を特定する。また、ギャンブル障害も同じセクションに加わったことも含めて、現在ICDとDSMの診断基準に乖離が起こっている。
  1. 本人の問診が信頼…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

薬物依存の外来症状薬剤治療例
  1. 外来の場合は、その症状、特に不安、抑うつ、無気力などに応じての薬物療法と、薬物使用に至った動機や、本人の環境、ストレス状況、性格傾向などを聴取し、支持的に接する。
  1. 薬物療法の効果は、依存症に対しては十分ではなく、併せて心理社会的療法が推奨される。認知行動療法、動機づけ面接法、家族療法に加えて、自助グループやリハビリ施設への参加も推奨される。
○ 下記を症状・病態に合わせて適宜用いる

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

薬物依存の診断
精神作用物質使用による精神および行動の異常の分類(ICD-10)
薬物乱用の疫学:不正薬物事犯者数
ICD-10による精神作用物質依存症候群の診断基準
著者校正/監修レビュー済
2016/05/27


  • 精神 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ