低体温症 :トップ    
監修: 箕輪良行 みさと健和病院 救急総合診療研修顧問
千葉 大 Sunrise Japan Hospital Phnom Penh Division of Family Me...

概要

症状のポイント:
  1. 深部体温が35℃以下へ低下した状態、およびその際に現れるさまざまな症状を低体温症と呼ぶ。
  1. 体温低下の程度などにより重症度は多様だが、心肺停止に至ることもある。
 
診断: >詳細情報 
  1. 患者の意識が清明で、低温環境への曝露が把握できれば低体温の診断可能である。また、身体診察やバイタル測定で、低体温が把握でも診断が可能である。
 
原因の評価: >詳細情報 
  1. 低温環境への曝露による一次性(偶発性)低体温症、内因性疾患による体温低下を二次性低体温症と分類する。
  1. 二次性低体温症に至る原因疾患は数多いが特に、院内で発生した低体温症では、敗血症を鑑別に考慮する。
  1. 鑑別疾患: 鑑別疾患 
 
重症度: >詳細情報 
  1. 臨床初見から治療方針を判断するための重症度分類として、Swiss staging systemが提唱されている。Swiss staging systemは、症状に基づき決定され、深部体温の測定に基づかないため、非医療従事者の救助者でも確立しうるステージングである。
 
Swiss staging system:
  1. HT(Hypothermia) Ⅰ:
  1. 定義:
  1. 症状:震えあり  意識清明
  1. 深部体温の目安:32~35℃
  1. 治療:
  1. 温かな環境、温かい甘い飲料、可能なら積極的運動を促す
  1. HT Ⅱ:
  1. 定義:
  1. 症状:震えなし  意識障害あり
  1. 深部体温の目安:28~32℃
  1. 治療:
  1. 心電図モニター…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

急性時の検査オーダー
  1. 緊急対応が求められ、原因検索とともに救命のための集中治療または蘇生処置を速やかに開始する必要がある。
  1. 低体温の診断には深部体温測定が必要。
○ 5)は頻回に測定して補正する(特にK)。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

低体温患者の対応アルゴリズム
体外循環を用いた複温:大腿-大腿動脈バイパス術
大腿-大腿動脈バイパス術
Continuous arteriovenous rewarmingの概略図
著者校正/監修レビュー済
2016/08/05