拍動性腫瘤 :トップ    
監修: 永井良三 自治医科大学
宮田哲郎 山王病院・山王メディカルセンター 血管病センター

概要

所見のポイント:
  1. 拍動性腫瘤の原因は、血管性疾患〔動脈瘤、先天性脈管形成異常(congenital vascular malformation、CVM)、動脈硬化による蛇行など〕と動脈に接した腫瘤といった非血管性疾患に分類できる。 >詳細情報 
  1. 動脈瘤は、破裂していないかぎり原則として自覚症状はないが、動脈瘤に圧痛を認める場合は、破裂あるいは切迫破裂を疑う。また、感染を含む炎症性動脈瘤では、破裂に関係なく瘤に圧痛を認めることがあるので留意する。
  1. 質的診断は比較的容易であるが、瘤の可能性を念頭に置いて触診することが重要である。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 症状のある動脈瘤に対して対症療法は無効であり、至急外科的治療を検討する。
 
緊急時対応: >詳細情報 
  1. 腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤では、破裂あるいは感染性動脈瘤の場合は救急対応が必要である。
  1. 四肢動脈瘤では、瘤の血栓閉塞による急性動脈閉塞および破裂の場合は救急対応が必要である。
  1. 脈管形成異常では、動静脈瘻に伴う潰瘍からの動脈性出血、合併する動脈瘤の破裂の場合は救急対応が必要である。
 
診断へのアプローチ:(身体診察 >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 )
  1. 質的診断は比較的容易であるが、瘤の可能性を念頭に置いて触診することが重要である。
  1. 治療方針決定のためには、部位診断、破裂の有無、感染の有無の診断が重要である。
  1. 拍動性腫瘤は、画像診断(超音波検査、CTA、MRA、DSA)にて鑑別が容易である。
  1. 質的診断が動脈瘤の場合は、原疾患の確定:変性、炎症性疾患(高安動脈炎、Behcet病)、感染、先天性結合織異常(Marfan症候群、Ehlers-Danlos症候群など)を行う。
  1. 頻度の高い疾患: >詳細情報 
  1. 腹部拍動性腫瘤:腹部大動脈瘤、腸骨動脈瘤、大動脈に隣接した腫瘍(膵癌など)を鑑別する。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の検査
  1. 質的診断は比較的容易であり、瘤の可能性を念頭に置いて触診することが重要である。
  1. 治療方針決定のためには、部位、形態、サイズ、症状、破裂の有無、感染の有無、原疾患の診断が重要である。
  1. 四肢の虚血が認められる場合は、動脈閉塞疾患に準じた検査を行う。
  1. 手術に対するリスク評価の目的で、全身状態精査の検査を行う。
  1. 感染性動脈瘤を疑うときは、血液検査で炎症所見を確認するとともに、血液培養を行い起炎菌の同定に努める。
○ 触診、視診の上、各種画像診断を実施する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

拍動性腫瘤の診断手順
腹部大動脈瘤
著者校正/監修レビュー済
2016/08/05