眼瞼下垂 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
野田実香 慶應義塾大学病院 眼科

概要

所見のポイント:
  1. 眼瞼下垂とは開瞼時の瞼裂高が狭い状態である。眼瞼を挙上する筋肉には、動眼神経支配の上眼瞼挙筋(横紋筋)と交感神経支配のミュラー筋(平滑筋)があるが、これらの神経や筋肉の機能低下により眼瞼下垂が生じる。
  1. 神経や筋肉に異常がなくても、眼瞼周囲組織の変化で瞼裂高が狭くなることもある。
 
診断へのアプローチ:アルゴリズム
  1. 診断は、フローチャートに沿って行うとよい。病歴より先天性か後天性かを評価し、瞼縁角膜反射間距離や、挙筋機能(levator function)を測定するとともに、眼球運動や対光反応の検査を行い、フローチャートに沿って眼瞼下垂がどの種類に当てはまるかを検討する。最も近い疾患を絞り込んでいき、必要であれば検査を追加する。
  1. 眼瞼下垂診断フローチャート:アルゴリズム
  1. 眼瞼縁角膜反射間距離(margin reflex distance、MRD)の測定:<図表>
  1. 挙筋機能(levator function)測定:<図表>
  1. 日常診療で遭遇するものは加齢による腱膜性の眼瞼下垂が最も多く、次いで先天性のものが多い。
  1. 高齢、手術・外傷の既往、コンタクトレンズ装用経験があれば加齢による腱膜性の眼瞼下垂が疑わしい。levator functionが正常で、他の鑑別疾患に当てはまらないものは腱膜性と考えてよい。なお、この疾患は、眼瞼挙筋腱膜と瞼板との結合が外れてくるために生じるもので、筋障害ではないため、挙筋機能は保たれている。
  1. まれに、脳動脈瘤による動眼神経麻痺などの緊急性の高い疾患が隠れていることもあり、眼球運動や対光反応の検査に異常を認める場合は、特に注意が必要である。 >詳細情報 
 
鑑別疾患:
  1. 下記が鑑別疾患である。
  1. 先天性眼瞼下垂:  >詳細情報 
  1. 先天性単純型
  2. <…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の診察で疾患を絞り込む検査
  1. 問診・診察を行い、アルゴリズムに沿って眼瞼下垂がどの種類に当てはまるかを検討する。最も近い疾患を絞り込んでいき、必要であれば検査を追加する。
  1. 眼瞼下垂診断フローチャート:アルゴリズム
  1. 挙筋機能(levator function)測定は、眼瞼下垂を認める患者の初診時の診察で疾患を絞り込むために、眼瞼挙筋機能の低下の有無を調べる検査である(<図表>)。母指で眉毛を固定して上方視時と下方視時における上眼瞼の可動域を測定することで、挙筋機能を測定することができる。正常値は10~14mmである。
  1. また、瞼縁角膜反射間距離(margin-reflex distance、MRD)測定は、眼瞼下垂の程度、左右差を調べる評価である。患者に50cm離れたペンライトをみせ、角膜反射から上下瞼縁までの距離を測る。この方法で、上下左右の眼瞼の相対的な位置を判断できる。
  1. 眼瞼下垂を認めた際、眼球突出や眼球の下方変位を伴う場合は画像診断を行う。
○ 眼瞼挙筋機能の低下の有無を調べるために1)を、眼瞼下垂の程度、左右差を調べるために2)を行う。その後鑑別疾患を絞り込み必要に応じて3)~5)を追加する。

追加情報ページへのリンク

  • 眼瞼下垂に関する詳細情報
  • 眼瞼下垂に関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • 眼瞼下垂に関する画像 (14件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

眼瞼下垂診断フローチャート
老人性眼瞼下垂
先天性眼瞼下垂 成人例
先天性眼瞼下垂 小児例
眼瞼縁角膜反射間距離(margin reflex distance、MRD)の測定
著者校正/監修レビュー済
2016/09/02