眼の痛み :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
喜多美穂里 京都医療センター眼科

概要

症状のポイント:
  1. 眼の痛みとは、文字通り眼の疼痛のことである。視力障害とともに眼科臨床において最も多い訴えの1つであるが、その原因特定は必ずしも容易ではない。
  1. 眼の痛みの原因で、一般眼科臨床で遭遇するものとしては、角膜病変が最も一般的である。
  1. 眼球に起因するものと、眼球外に起因するものがある。また、眼科領域の疾患に加え、脳内疾患を考慮する。鑑別疾患には緊急性を要するものが含まれている。(緊急対応: >詳細情報 )
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 緊急(その場)で眼科治療が必要な疾患としては、急性原発閉塞隅角緑内障(急性原発閉塞隅角症)、化学腐蝕、角膜潰瘍、穿孔性眼外傷、眼内炎、眼窩蜂巣炎などが挙げられる。これらが疑われたら、即日眼科を受診する必要がある。
  1. 同様に準緊急(同日内)で脳外科等の専門医の治療を要する疾患として、内頚・後交通(IC-PC)動脈瘤、内頚動脈(ICA)解離がある。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 診断は多岐にわたるため、基本的には症状治療は診断のあとで行う。眼の痛みの原因は多岐にわたるため、可及的に鑑別診断を行い、原因に対する治療を行うことが大切である。鎮痛薬や表面麻酔点眼は、これらの投与で診断が困難になるときもあるため、ある程度の鑑別ができるまでは投与を控えることが望ましい。
 
診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 )
  1. 眼の痛みの原因で、一般眼科臨床で遭遇するものとしては、角膜病変が最も一般的である。
  1. 眼の痛みの原因は多岐にわたるため、緊急で眼科に紹介する疾患を除外したうえで、丁寧な問診・診察が必要である。
  1. 鑑別疾患:頻度の高い疾患: >詳細情報 
  1. 角膜異物(<図表>)、眼瞼異物・結膜異物、コンタクトレンズトラブル
  1. 鑑別疾患:重篤な疾患: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の検査オーダー例
  1. 緊急に治療が必要になることがあり、急性緑内障発作や外傷、眼内炎が疑われる場合には、眼科に早急にコンサルトすることが推奨される。
  1. 丁寧な問診が必要である。 >詳細情報 
○ 眼科ルーチン検査を行うとともに、感染が疑われる場合は2)~6)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

眼の発赤の診断アルゴリズム
角膜鉄片異物
真菌性角膜潰瘍
ぶどう膜炎
ぶどう膜炎
急性原発閉塞隅角緑内障(急性緑内障発作)
水晶体融解性緑内障(過熟白内障)
眼内炎
著者校正/監修レビュー済
2016/11/30