今日の臨床サポート

透析性脊椎症

著者: 久野木順一 日本赤十字社医療センター 整形外科

監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室

著者校正/監修レビュー済:2022/03/16
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 頚髄症と腰部脊柱管狭窄症合併例では、頚椎手術を優先するが、腰部脊柱管狭窄症が主訴となっている場合には頚椎が伸展しないように術中体位に十分注意する。
  1. 脊柱変形、骨破壊の強い例では、インスツルメンテーションを併用した後方固定を除圧術に併用する。
  1. 透析脊椎症の重症度以上に、全身合併症の重症度評価が手術適応、術式選択に際して重要。
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契 約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
久野木順一 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:酒井昭典 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(大きな変更なし)

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 長期透析患者数の増加に伴い、透析アミロイドーシスに伴う透析性脊椎症が透析患者のADLやQOL低下の大きな原因となっている。
  1. 透析アミロイドーシスを主因として発症する脊椎症を透析性脊椎症と総称されている[1]
  1. 1984年にKuntzにより報告された破壊性脊椎関節症(DSA)以外に、脊椎アミロイド沈着、軸椎歯突起病変、頚髄硬膜周囲石灰化症、硬膜外巨大脱出ヘルニアなどの多彩な病変を伴う[2][3][4][5][6]
  1. 長期透析により蓄積したβ2-ミクログロブリンが形成するアミロイドは一般に運動負荷が大きく組織変性の強い部位に沈着しやすい傾向がある。脊椎においては、後縦靱帯、椎間板線維輪、黄色靱帯、椎間関節包などの軟部組織に沈着し、軟部増殖性病変を形成し、これは脊柱管狭窄の最大の局所因子となる。
  1. 透析脊椎症全般についての頻度に関する報告はないが、DSAについては全透析患者の10%程度の発生率であり、透析歴と年齢に伴い頻度は増加する。
  1. 発生部位としては頚椎に多く、腰椎、胸椎と続く。加齢的変化、運動負荷の大きな部位に多発する傾向が強い。
 
透析患者の骨・関節障害

透析患者の骨・関節障害の原因として、透析アミロイドーシスと透析骨症が重要である。
参考文献:加藤義治:整形外科医からみた維持透析患者の骨関節障害. 臨牀透析 2010; 26(6): 631-637.

出典

img1:  著者提供
 
 
 
透析脊椎症の局所病態

透析脊椎症の局所病態として、破壊性脊椎関節症、脊椎アミロイド沈着、環軸関節病変、靭帯石灰化症、硬膜外巨大脱出ヘルニアが認められる。
参考文献:透析脊椎症.臨牀透析 2010; 26(6): 631-637.

出典

img1:  著者提供
 
 
 
透析性脊椎症の病態

透析性脊椎症においては、透析アミロイド―シスによる靭帯肥厚を主因とする脊柱管狭窄と、骨破壊性病変による脊柱変形を認める。
参考文献:久野木順一:透析に伴う頸髄症.脊椎脊髄2002;15(6):693-701.

出典

img1:  著者提供
 
 
問診・診察のポイント  
  1. 透析歴の問診を行う。10年以上の透析歴で増加する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

T J Allain, P E Stevens, L R Bridges, M E Phillips
Dialysis myelopathy: quadriparesis due to extradural amyloid of beta 2 microglobulin origin.
Br Med J (Clin Res Ed). 1988 Mar 12;296(6624):752-3.
Abstract/Text
PMID 3126960
Hirotaka Chikuda, Hideo Yasunaga, Hiromasa Horiguchi, Katsushi Takeshita, Hiroshi Kawaguchi, Shinya Matsuda, Kozo Nakamura
Mortality and morbidity in dialysis-dependent patients undergoing spinal surgery: analysis of a national administrative database in Japan.
J Bone Joint Surg Am. 2012 Mar 7;94(5):433-8. doi: 10.2106/JBJS.K.00183.
Abstract/Text BACKGROUND: The impact of dialysis dependence on perioperative risks following spinal surgery is not fully understood. The purposes of the present study were to determine the perioperative risks in dialysis-dependent patients treated with spinal surgery and to examine whether the presence of destructive spondyloarthropathy further increases perioperative risks.
METHODS: We examined abstracted data from the Diagnosis Procedure Combination database in a retrospective analysis of a nationally representative inpatient database. The survey of the database is conducted annually for a six-month period between July 1 and December 31. The data from 2007 and 2008 were used for this study. We included all patients who had undergone any combination of laminectomy, laminoplasty, discectomy, and/or spinal arthrodesis. For analysis, dialysis-dependent patients were further classified into subgroups with or without destructive spondyloarthropathy.
RESULTS: We identified 51,648 eligible patients (30,743 men and 20,905 women; mean age, sixty-two years), including 869 (1.7%) who were dialysis-dependent. Of the latter, ninety-five had destructive spondyloarthropathy. Overall in-hospital mortality was 0.41%. Dialysis-dependent patients had a significantly higher in-hospital mortality rate than non-dialysis-dependent patients. After adjustment, dialysis-dependent patients remained at a tenfold higher risk for in-hospital death. Dialysis-dependent patients were also at significantly greater risk for postoperative major complications. The rate of complications in dialysis-dependent patients with destructive spondyloarthropathy was 65% higher than that in those without destructive spondyloarthropathy, but this difference did not reach significance.
CONCLUSIONS: Dialysis-dependent patients had a tenfold higher risk of in-hospital death than did non-dialysis-dependent patients. Dialysis-dependent patients were also more likely to have major complications such as cardiac events, sepsis, and respiratory complications. Our data also indicate that the presence of destructive spondyloarthropathy is associated with a higher rate of postoperative complications in dialysis-dependent patients.

PMID 22398737

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから