今日の臨床サポート

多毛

著者: 乾重樹 大阪大学 皮膚・毛髪再生医学

監修: 戸倉新樹 掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター 参与/浜松医科大学 名誉教授

著者校正/監修レビュー済:2019/03/22
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 抗アンドロゲン製剤は妊娠中に服用すると男子胎児の女性化が起こるので妊婦には禁忌である。
  1. 婦人科疾患や内分泌疾患に合併している場合も多く、婦人科や内分泌内科の専門医と連携する。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
乾重樹 : 未申告[2021年]
監修:戸倉新樹 : 講演料(田辺三菱,サノフィ,マルホ,協和キリン),研究費・助成金など(ノバルティス,レオファーマ)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 多毛とは毛包や毛髪の数の増加ではなく、軟毛の硬毛化である。
  1. 男性型多毛症(hirsutism)と無性毛型多毛症(hypertrichosis)の2つの概念があり、前者は女性にみられる特定部位の多毛であり、後者は性別に関係ない全身性の多毛である。
  1. 男性型多毛症は髭部、胸部、腹部、大腿、恥丘部など男性ホルモン依存性のある部位に生じる。
  1. 無性毛型多毛症は全身型と局所型の2種類がある。
  1. イタリアにおける男性型多毛症950人の統計では、多嚢胞性卵巣症候群(polycystic ovary syndrome; PCOS)による場合が70%以上、原因不明の特発性が23%、副腎過形成4.3%、アンドロゲン産生腫瘍0.2%、その他クッシング症候群、先端肥大症、高プロラクチン血症、薬剤性などによる場合もある[1]
問診・診察のポイント  
 
  1. 月経異常や不妊の有無、薬剤の使用歴、副腎過形成の家族歴、妊娠の有無、先天性疾患、悪性腫瘍や他内科疾患について問診する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: E Carmina, F Rosato, A Jannì, M Rizzo, R A Longo
雑誌名: J Clin Endocrinol Metab. 2006 Jan;91(1):2-6. doi: 10.1210/jc.2005-1457. Epub 2005 Nov 1.
Abstract/Text CONTEXT: We undertook this study to estimate the prevalence of the various androgen excess disorders using the new criteria suggested for the diagnosis of polycystic ovary syndrome (PCOS).
SETTING: The study was performed at two endocrine departments at the University of Palermo (Palermo, Italy).
PATIENTS: The records of all patients referred between 1980 and 2004 for evaluation of clinical hyperandrogenism were reevaluated. All past diagnoses were reviewed using the actual diagnostic criteria. To be included in this study, the records of the patients had to present the following available data: clinical evaluation of hyperandrogenism, body weight and height, testosterone (T), free T, dehydroepiandrosterone sulfate, 17-hydroxyprogesterone, progesterone, and pelvic sonography. A total of 1226 consecutive patients were seen during the study period, but only the scores of 950 patients satisfied all criteria and were reassessed for the diagnosis.
RESULTS: The prevalence of androgen excess disorders was: PCOS, 72.1% (classic anovulatory patients, 56.6%; mild ovulatory patients, 15.5%), idiopathic hyperandrogenism, 15.8%; idiopathic hirsutism, 7.6%; 21-hydroxylase-deficient nonclassic adrenal hyperplasia, 4.3%; and androgen-secreting tumors, 0.2%. Compared with other androgen excess disorders, patients with PCOS had increased body weight whereas nonclassic adrenal hyperplasia patients were younger and more hirsute and had higher serum levels of T, free T, and 17-hydroxyprogesterone.
CONCLUSIONS: Classic PCOS is the most common androgen excess disorder. However, mild androgen excess disorders (ovulatory PCOS and idiopathic hyperandrogenism) are also common and, in an endocrine setting, include about 30% of patients with clinical hyperandrogenism.

PMID 16263820  J Clin Endocrinol Metab. 2006 Jan;91(1):2-6. doi: 10.12・・・
著者: Kathryn A Martin, R Jeffrey Chang, David A Ehrmann, Lourdes Ibanez, Rogerio A Lobo, Robert L Rosenfield, Jerry Shapiro, Victor M Montori, Brian A Swiglo
雑誌名: J Clin Endocrinol Metab. 2008 Apr;93(4):1105-20. doi: 10.1210/jc.2007-2437. Epub 2008 Feb 5.
Abstract/Text OBJECTIVE: Our objective was to develop clinical practice guidelines for the evaluation and treatment of hirsutism in premenopausal women.
PARTICIPANTS: The Task Force was composed of a chair, selected by the Clinical Guidelines Subcommittee (CGS) of The Endocrine Society, six additional experts, two methodologists, and a medical writer. The Task Force received no corporate funding or remuneration.
EVIDENCE: Systematic reviews of available evidence were used to formulate the key treatment and prevention recommendations. We used the Grading of Recommendations, Assessment, Development, and Evaluation (GRADE) group criteria to describe both the quality of evidence and the strength of recommendations. We used "recommend" for strong recommendations, and "suggest" for weak recommendations.
CONSENSUS PROCESS: Consensus was guided by systematic reviews of evidence and discussions during one group meeting, several conference calls, and e-mail communications. The drafts prepared by the Task Force with the help of a medical writer were reviewed successively by The Endocrine Society's CGS, Clinical Affairs Core Committee (CACC), and Council. The version approved by the CGS and CACC was placed on The Endocrine Society's Web site for comments by members. At each stage of review, the Task Force received written comments and incorporated needed changes.
CONCLUSIONS: We suggest testing for elevated androgen levels in women with moderate or severe hirsutism or hirsutism of any degree when it is sudden in onset, rapidly progressive, or associated with other abnormalities such as menstrual dysfunction, obesity, or clitoromegaly. For women with patient-important hirsutism despite cosmetic measures, we suggest either pharmacological therapy or direct hair removal methods. For pharmacological therapy, we suggest oral contraceptives for the majority of women, adding an antiandrogen after 6 months if the response is suboptimal. We recommend against antiandrogen monotherapy unless adequate contraception is used. We suggest against using insulin-lowering drugs. For women who choose hair removal therapy, we suggest laser/photoepilation.

PMID 18252793  J Clin Endocrinol Metab. 2008 Apr;93(4):1105-20. doi: 1・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから