今日の臨床サポート

良性肺腫瘍

著者: 鈴木健司 順天堂大学 呼吸器外科

監修: 高橋和久 順天堂大学大学院

著者校正/監修レビュー済:2022/08/31
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 胸部異常影を指摘された患者には、まず肺の悪性腫瘍を除外することが勧められる(推奨度1)
  1. 胸部異常影を指摘された患者は造影胸部CTで評価することが推奨される。PETでの評価も推奨される(推奨度1)
  1. PETで偽陰性となる肺癌も存在する。また擬陽性もあり得るので、慎重な解釈が推奨される(推奨度1)
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧 にはご契約が必要 となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
閲覧にはご契
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
鈴木健司 : 講演料(コヴィディエンジャパン(株))[2022年]
監修:高橋和久 : 講演料(アストラゼネカ(株),MSD(株)),研究費・助成金など(小野薬品工業(株),中外製薬(株),ブリストル・マイヤーズスクイブ(株)),奨学(奨励)寄付など(杏林製薬(株),サノフィ(株),大鵬薬品工業(株),中外製薬(株),帝人ファーマ(株),日本イーライリリー(株),日本ベーリンガーインゲルハイム(株))[2022年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 肺腫瘤が同定された場合、まず肺癌を除外することがきわめて肝要である。
  1. 肺腫瘤は、腫瘍性病変と非腫瘍性病変に分類される。
  1. 腫瘍性病変は悪性腫瘍と良性腫瘍に分類される。
  1. 非腫瘍性病変は活動性肺疾患と非活動性肺疾患に分類される。
  1. 非腫瘍性活動性疾患の代表は、炎症性肺疾患である。
  1. 肺炎症性肺疾患の代表は細菌性肺炎、間質性肺炎、炎症性肉芽腫などである。
  1. 非腫瘍性非活動性肺疾患の代表は線維腫、リンパ増殖性疾患などである。
  1. これらの疾患を細部にわたって鑑別することが重要であるが、最も重要なことは肺癌を代表とする肺悪性腫瘍を除外することにある。
 
胸部異常影の鑑別

腫瘍性病変か非腫瘍性病変かを鑑別することが重要である。肺の悪性腫瘍を除外することがきわめて肝要。

出典

img1:  著者提供
 
 
問診、診察のポイント  
  1. 胸部単純写真で肺腫瘤が発見された場合、肺癌を除外することが最も重要。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

Joel J Bechtel, W Kelley, T Coons, G Klein, D Slagel, Thomas L Petty
Lung cancer detection in asymptomatic patients with airflow obstruction.
Chest. 2004 May;125(5 Suppl):163S.
Abstract/Text
PMID 15136488
J W Gurney
Determining the likelihood of malignancy in solitary pulmonary nodules with Bayesian analysis. Part I. Theory.
Radiology. 1993 Feb;186(2):405-13. doi: 10.1148/radiology.186.2.8421743.
Abstract/Text Only two radiographic findings allow reliable distinction of benign from malignant solitary pulmonary nodules. Intuitively, it is clear that other radiographic and clinical findings should also be important in making this distinction. Subjectively incorporating these other findings into the decision of whether a nodule is benign or malignant is difficult. Likelihood ratios, which indicate the degree of malignancy or benignity represented by a test result or clinical finding, can be combined by means of the Bayes theorem to quantitate the probability of malignancy of a given nodule. From a literature survey, likelihood ratios were derived for six radiographic and four clinical characteristics associated with solitary pulmonary nodules. There were a total of 15 malignant and 19 benign findings, the most important of which were radiographic characteristics. For malignant nodules, the most important radiographic characteristics were thickness of the cavity wall spicular edge, and diameter of over 3 cm. For benign nodules, the most important radiographic characteristics were benign growth rate and a benign pattern of calcification.

PMID 8421743
David Ost, Alan M Fein, Steven H Feinsilver
Clinical practice. The solitary pulmonary nodule.
N Engl J Med. 2003 Jun 19;348(25):2535-42. doi: 10.1056/NEJMcp012290.
Abstract/Text
PMID 12815140
M K Gould, C C Maclean, W G Kuschner, C E Rydzak, D K Owens
Accuracy of positron emission tomography for diagnosis of pulmonary nodules and mass lesions: a meta-analysis.
JAMA. 2001 Feb 21;285(7):914-24.
Abstract/Text CONTEXT: Focal pulmonary lesions are commonly encountered in clinical practice, and positron emission tomography (PET) with the glucose analog 18-fluorodeoxyglucose (FDG) may be an accurate test for identifying malignant lesions.
OBJECTIVE: To estimate the diagnostic accuracy of FDG-PET for malignant focal pulmonary lesions.
DATA SOURCES: Studies published between January 1966 and September 2000 in the MEDLINE and CANCERLIT databases; reference lists of identified studies; abstracts from recent conference proceedings; and direct contact with investigators.
STUDY SELECTION: Studies that examined FDG-PET or FDG with a modified gamma camera in coincidence mode for diagnosis of focal pulmonary lesions; enrolled at least 10 participants with pulmonary nodules or masses, including at least 5 participants with malignant lesions; and presented sufficient data to permit calculation of sensitivity and specificity were included in the analysis.
DATA EXTRACTION: Two reviewers independently assessed study quality and abstracted data regarding prevalence of malignancy and sensitivity and specificity of the imaging test. Disagreements were resolved by discussion.
DATA SYNTHESIS: We used a meta-analytic method to construct summary receiver operating characteristic curves. Forty studies met inclusion criteria. Study methodological quality was fair. Sample sizes were small and blinding was often incomplete. For 1474 focal pulmonary lesions of any size, the maximum joint sensitivity and specificity (the upper left point on the receiver operating characteristic curve at which sensitivity and specificity are equal) of FDG-PET was 91.2% (95% confidence interval, 89.1%-92.9%). In current practice, FDG-PET operates at a point on the summary receiver operating characteristic curve that corresponds approximately to a sensitivity and specificity of 96.8% and 77.8%, respectively. There was no difference in diagnostic accuracy for pulmonary nodules compared with lesions of any size (P =.43), for semiquantitative methods of image interpretation compared with qualitative methods (P =.52), or for FDG-PET compared with FDG imaging with a modified gamma camera in coincidence mode (P =.19).
CONCLUSIONS: Positron emission tomography with 18-fluorodeoxyglucose is an accurate noninvasive imaging test for diagnosis of pulmonary nodules and larger mass lesions, although few data exist for nodules smaller than 1 cm in diameter. In current practice, FDG-PET has high sensitivity and intermediate specificity for malignancy.

PMID 11180735
J J Erasmus, H P McAdams, E F Patz, R E Coleman, V Ahuja, P C Goodman
Evaluation of primary pulmonary carcinoid tumors using FDG PET.
AJR Am J Roentgenol. 1998 May;170(5):1369-73. doi: 10.2214/ajr.170.5.9574618.
Abstract/Text OBJECTIVE: The purpose of this study was to determine the spectrum of positron emission tomography (PET) with 18F-fluorodeoxyglucose (FDG) findings in patients who have primary pulmonary carcinoid tumors.
CONCLUSION: On FDG PET imaging, pulmonary carcinoid tumors usually have lower FDG uptake than expected for malignant tumors. Biopsy or close radiologic follow-up is therefore recommended for solitary pulmonary nodules that are clinically suspected of being carcinoid tumors and that do not show increased metabolic activity on FDG PET images.

PMID 9574618
S Niho, K Suzuki, T Yokose, T Kodama, Y Nishiwaki, H Esumi
Monoclonality of both pale cells and cuboidal cells of sclerosing hemangioma of the lung.
Am J Pathol. 1998 Apr;152(4):1065-9.
Abstract/Text Sclerosing hemangioma of the lung remains poorly understood, and it is still unclear whether this lesion is neoplastic or not. It consists of two major cell types, pale cells and cuboidal cells. We analyzed the clonality of each cell types from six female cases of surgically resected sclerosing hemangioma. The pale cells and cuboidal cells were separated by microdissection from methanol-fixed sections, and DNA was extracted for clonal analysis based on an X-chromosome-linked polymorphic marker, the human androgen receptor (HUMARA) gene or the phosphoglycerate kinase (PGK) gene. The HUMARA and PGK genes were found to be amplified with or without digestion by the methylation-sensitive restrictive endonuclease HpaII. Five of six cases were informative. Pale cells and cuboidal cells showed the same monoclonality in all of the informative cases, whereas the control cells showed a polyclonal pattern. Our results demonstrated that sclerosing hemangioma is caused by monoclonal expansion of cells, confirming that it is a neoplasia. Moreover, the present data indicate that both pale cells and cuboidal cells are derived from the same cell.

PMID 9546367

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから