今日の臨床サポート

石灰沈着性滑液包炎

著者: 高岸憲二 群馬大学名誉教授/佐田厚生会佐田病院

監修: 竹下克志 自治医科大学整形外科

著者校正/監修レビュー済:2022/03/02
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 急性の石灰沈着性滑液包炎は、腱板内に沈着した石灰が肩峰下滑液包へ流出して発生する結晶性滑液包炎である。突然発症する例が多い。
  1. 腱板内に沈着した石灰が大きくなり、慢性化してインピンジメント症状や関節拘縮を引き起こすこともある。
  1. 無症候性の石灰沈着症の発生率は人口の2.7~20%で、30~50歳に好発する。有症状の沈着症は50歳前後であり、女性(男女比は3:2)と棘上筋腱に多い。
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
高岸憲二 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:竹下克志 : 講演料(第一三共,イーライリリー,ファイザー,エーザイ,塩野義)[2022年]

改訂のポイント:
  1. 頑固な石灰沈着性腱炎に対する治療法、鏡視下石灰除去術に踏み切る前治療としてエコーガイド下石灰除去および体外衝撃波による石灰除去の紹介を追記した

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 肩には肩関節以外に、機能的関節である肩峰下滑液包を囲む肩峰、烏口肩峰靱帯、腱板で形成される第2関節がある。
 
肩の解剖

a:肩関節の冠状断像
b:三角筋を取り除いて肩峰下滑液包を上方より見た図

出典

img1:  著者提供
 
 
 
  1. 多くの石灰沈着性滑液包炎は、腱板に沈着していた石灰が肩峰下滑液包へ流出して白血球に貪食され、肩峰下滑波包内に急性炎症を誘発する疾患である。突然発症する。
  1. 腱板内に沈着した石灰が大きくなり、慢性化してインピンジメント症状を引き起こすこともある。
  1. 病理学的には石灰沈着部の腱板の骨付着部には著明な変性所見がみられ、結晶成分の分析ではハイドロキシアパタイトである。
  1. 加齢による腱の退行変性や力学的負荷などにより石灰の沈着が誘発され、最終的にハイドロキシアパタイトの結晶が結晶誘発性滑液包炎を発症させる。
  1. 無症候性の石灰沈着症の発生率は人口の2.7~20%で、30~50歳に好発する。有症状の沈着症は50歳前後であり、女性(男女比は3:2)と棘上筋腱に多い。
  1. 急性例では、石灰が肩峰下滑液包へ流出して、あるいは腱内で吸収されると急速に激痛は消退する。多くの急性例は対症療法のみで次第に軽快する。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 発症形式を確認する。原因なく急に発症したか?慢性か?

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

R Aina, E Cardinal, N J Bureau, B Aubin, P Brassard
Calcific shoulder tendinitis: treatment with modified US-guided fine-needle technique.
Radiology. 2001 Nov;221(2):455-61. doi: 10.1148/radiol.2212000830.
Abstract/Text PURPOSE: To evaluate clinical response to treatment of calcified tendinitis of the shoulder by using a modified percutaneous ultrasonography (US)-guided fine-needle technique.
MATERIALS AND METHODS: Thirty shoulders of 30 consecutive patients (23 women, seven men; mean age, 47.4 years) with chronic shoulder pain (average duration, 43.1 months) refractory to medical treatment were treated percutaneously by using a fine needle and US guidance. Patients were prospectively evaluated by using a shoulder pain and disability index consisting of 13 items and divided into two subcategories: pain and disability. The patient completed the questionnaire before the procedure and during the follow-up visit approximately 1 month later. A diagnostic US examination was also performed at that time.
RESULTS: There was a statistically significant improvement in the shoulder pain and disability index total score (27.0%) and the pain (30.5%) and disability (23.9%) scores. According to the index, these results indicate a significant clinical response.
CONCLUSION: This modified US-guided fine-needle technique for calcified tendinitis of the shoulder appears to be an effective therapy and was less aggressive than previously described percutaneous techniques.

PMID 11687690
A Spindler, A Berman, E Lucero, M Braier
Extracorporeal shock wave treatment for chronic calcific tendinitis of the shoulder.
J Rheumatol. 1998 Jun;25(6):1161-3.
Abstract/Text OBJECTIVE: To study the clinical and radiological response of chronic calcific tendinitis of the shoulder to extracorporeal shock wave treatment (ESWT).
METHODS: The study included 3 female patients, 42, 48, and 50 years of age, all with calcified tendinitis of the rotator cuff. All had severe shoulder pain and limitation of motion. ESWT was done in one session with an extracorporeal shock wave lithotripter.
RESULTS: After 24 hours, a fragmentation of calcification was achieved, and the patients had no pain and had entirely regained their joint movement. After 2 years of followup they were clinically and radiologically asymptomatic, and there were no adverse effects or other complications.
CONCLUSION: With its good tolerance, safety, and clinical and radiologic response, ESWT should be considered as an alternative therapy in the treatment of chronic calcific tendinitis of the shoulder refractory to other therapies.

PMID 9632080

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから