今日の臨床サポート

間欠跛行

著者: 紺野愼一 福島県立医科大学 整形外科学講座

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2016/07/21
患者向け説明資料

概要・推奨   

症状のポイント:
  1. 間欠跛行とは、歩行により下肢痛や下肢のしびれなどが出現あるいは増強し歩行困難となるが、しばらく休息すると歩行可能となる現象である。
 
緊急対応:
  1. 間欠跛行を主訴とする疾患で緊急の対応が必要な診断は、尿閉や尿失禁を伴う神経性間欠跛行がある。早期に除圧術を行う。
  1. 血管性間欠跛行の患者で跛行距離が100m以下の重症例では重症虚血に移行する危険性が高いため、可能な限り血行再建を施行する。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必 要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
紺野愼一 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 間欠跛行とは歩行により下肢痛や下肢のしびれなどが出現あるいは増強し歩行困難となるが、しばらく休息すると歩行可能となる現象である。
  1. 原因により、血管性間欠跛行と神経性間欠跛行に大別される。
  1. 血管性間欠跛行の原因は下肢動脈の慢性的な閉塞や狭窄による(PAD)。
  1. 神経性間欠跛行は腰部脊柱管狭窄による間欠跛行と、脊髄、特に下部胸髄以下の血管奇形や黄色靱帯骨化などによる脊髄性間欠跛行に分けられる。
  1. 日本人の約365万人が腰部脊柱管狭窄を有していると推定されている。
  1. 腰部脊柱管狭窄の6.7%に血管性間欠跛行が合併している。
問診・診察のポイント  
  1. 腰部脊柱管狭窄の最大の特徴は、歩行に伴い症状は悪化するが、前屈や坐位で、症状が速やかに改善するという姿勢性因子を有することである。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Ko Matsudaira, Atsushi Seichi, Junichi Kunogi, Takashi Yamazaki, Atsuki Kobayashi, Yorito Anamizu, Junji Kishimoto, Kazuto Hoshi, Katsushi Takeshita, Kozo Nakamura
雑誌名: Spine (Phila Pa 1976). 2009 Jan 15;34(2):115-20. doi: 10.1097/BRS.0b013e31818f924d.
Abstract/Text STUDY DESIGN: Randomized controlled trial.
OBJECTIVE: To examine the effect of limaprost, an oral prostaglandin (PG) E1 derivative, on health-related quality of life (HRQOL) in patients with symptomatic lumbar spinal stenosis (LSS), compared to etodolac, a NSAID.
SUMMARY OF BACKGROUND DATA: Limaprost, an oral PGE1 derivative, was developed in Japan to treat numerous ischemic symptoms of thromboangiitis obliterans (TAO) and LSS. Previous studies have demonstrated the effectiveness of limaprost in the symptoms in patients with LSS. However, the evidence for effect on patient-reported outcomes, such as patient's HRQOL or satisfaction, is limited.
METHODS: This study was conducted at 4 study sites in Japan. Briefly, inclusion criteria were: age between 50 and 85 years; presence of both neurogenic intermittent claudication (NIC) and cauda equina symptoms (at least presence of bilateral numbness in the lower limbs); and MRI-confirmed central stenosis with acquired degenerative LSS. Limaprost (15 microg/d) or etodolac (400 mg/d) was administered for 8 weeks. The primary outcome was Short Form (SF)-36, and the secondary outcomes were the verbal rating scale of low back pain and leg numbness, walking distance, subjective improvement, and satisfaction.
RESULTS: A total of 79 participants were randomized (limaprost:etodolac = 39:40). Thirteen participants withdrew from the study (limaprost:etodolac = 5:8) and 66 completed the study (limaprost:etodolac = 34:32). Comparisons showed that limaprost resulted in significantly greater improvements in the SF-36 subscales of physical functioning, role physical, bodily pain, vitality, and mental health. Limaprost was also significantly better than etodolac for leg numbness, NIC distance, and subjective improvement and satisfaction. In the subgroup analysis stratified by symptom severity, limaprost seemed more effective for milder symptoms. No serious adverse effects were reported in either treatment group.
CONCLUSION: In this study, limaprost was found to be efficacious on most outcome measures, such as HRQOL, symptoms and subjective satisfaction, in LSS patents with cauda equina symptoms.

PMID 19112336  Spine (Phila Pa 1976). 2009 Jan 15;34(2):115-20. doi: 1・・・
著者: L Norgren, W R Hiatt, J A Dormandy, M R Nehler, K A Harris, F G R Fowkes, R B Rutherford, TASC II Working Group
雑誌名: Int Angiol. 2007 Jun;26(2):81-157.
Abstract/Text
PMID 17489079  Int Angiol. 2007 Jun;26(2):81-157.
著者: Shinichi Konno, Yasuaki Hayashino, Shunichi Fukuhara, Shinichi Kikuchi, Kiyoshi Kaneda, Atsushi Seichi, Kazuhiro Chiba, Kazuhiko Satomi, Kensei Nagata, Shinya Kawai
雑誌名: Eur Spine J. 2007 Nov;16(11):1951-7. doi: 10.1007/s00586-007-0402-2. Epub 2007 Jun 5.
Abstract/Text No clinical diagnostic support tool can help identify patients with LSS. Simple diagnostic tool may improve the accuracy of the diagnosis of LSS. The aim of this study was to develop a simple clinical diagnostic tool that may help physicians to diagnose LSS in patients with lower leg symptoms. Patients with pain or numbness of the lower legs were prospectively enrolled. The diagnosis of LSS by experienced orthopedic specialists was the outcome measure. Multivariable logistic regression analysis identified factors that predicted LSS; a simple clinical prediction rule was developed by assigning a risk score to each item based on the estimated beta-coefficients. From December 2002 to December 2004, 104 orthopedic physicians from 22 clinics and 50 hospitals evaluated 468 patients. Two items of physical examination, three items of patients' symptom, and five items of physical examination were included in the final scoring system as a result of multiple logistic regression analysis. The sum of the risk scores for each patient ranged from -2 to 16. The Hosmer-Lemeshow statistic was 11.30 (P = 0.1851); the area under the ROC curve was 0.918. The clinical diagnostic support tool had a sensitivity of 92.8% and a specificity of 72.0%. The prevalence of LSS was 6.3% in the bottom quartile of the risk score (-2 to 5) and 99.0% in the top quartile (12 to 16). We developed a simple clinical diagnostic support tool to identify patients with LSS. Further studies are needed to validate this tool in primary care settings.

PMID 17549525  Eur Spine J. 2007 Nov;16(11):1951-7. doi: 10.1007/s0058・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから