今日の臨床サポート

独居患者の看取り

著者: 小笠原文雄 医療法人 聖徳会 小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック

監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部

著者校正/監修レビュー済:2021/12/15
患者向け説明資料

概要・推奨   

ポイント:
  1. 社会環境の変化・家族形態の多様化により独居の比率が増加している。独居の看取りは、今後の超高齢化社会を救うことになる。
  1. 負け犬と呼ばれる生涯独身者が増えている現在、気ままな一人暮らしを続けてきた人が、最期の療養の場を病院ではなく今まで過ごした自宅を希望することは当然のことであると思われる。
 
独居の看取りのためのケアシステム:
  1. がん・非がんにかかわらず、終末期となった場合、在宅緩和ケアとなる。予後予測、時期、症状に合わせたスキルが必要となってくる。
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
小笠原文雄 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:和田忠志 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. 人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン
に基づき、変更を行った。
また、「デスカンファレンス」「緩和デイケア」「事前約束指示・包括的指示」について詳細情報を追加した。

まとめ

まとめ  
在宅ホスピス緩和ケアチーム:
  1. 在宅ホスピス緩和ケアチームは、患者の希望や地域の環境によりその都度、構成されるが、在宅療養、ホスピスケアの主役である看護師と医師が最低限のチーム構成員である。
  1. 独居の看取りは本人が在宅看取りを希望すること、遠方の家族もその意思を尊重すること、その意思をケアに関わる者全員が理解することが大切である。なお、在宅開始時には、緩和ケア病棟などの入院予約をしていても、途中で入院希望の意思が変更されることもある。また、患者の希望、信頼関係によって生き抜くための夜間セデーションを選択する。
  1. 看取りにあたっては、多職種によるチームアプローチが必要である。チーム内での円滑なケア方針の一致や情報共有を行うために、トータルヘルスプランナー(THP)をキーパーソンにするとよい。
  1. 在宅ホスピス緩和ケアの場合、予後予測をし、状態の変化時に対応できるよう、事前約束指示、包括的指示をあらかじめTHPと相談し訪問看護師等に与えておく。訪問診療や往診もあらかじめ日中に済ませておくことが望ましい。また、連絡先を明示した紙を誰でも見えるところに貼っておく。看取りが近くなってきた場合「お別れの紙」を渡し、最期まで見守れる体制作りをする。
  1. チーム内で事前約束指示書があり、訪問看護師が対応できれば夜間に緊急対応することはほとんどない。夜間に往診する場合は、想定外に死亡した場合などである。
  1. 当院の在宅医療では、CTやMRI、X線写真などの検査はできないが、終末期には在宅での検査は特に必要としない。必要であればポータブルエコー検査を行うがバイタルサインや血液検査などでほとんどの状態が把握できる。
  1. 定期訪問診療以外の往診は、必要時には行うがオンライン診療などを利用してもよい。THPを通して訪問看護師に協力してもらえば指示も出しやすく、顔を見て話すことで患者も安心できる。訪問看護師の報告により往診すべきときを決定する。
  1. ICTでの患者情報システム(THP+)を使用し、ケア方針の統一や、離れた家族を含めた多職種との情報共有を図る。
  1. 在宅がん医療総合診療料で算定することを考える。
 
がんの疼痛緩和:
  1. がんの疼痛緩和はWHOの提唱する薬物療法に従い、オピオイドを中心にする。SPO2が正常な呼吸苦にはモルヒネが効果的であり、ソル・メドロールを少量併用すると、患者が朗らかになる。
  1. 薬物療法のスキルは①オピオイド血中濃度曲線を理解②経済性や薬局の在庫、生活パターンに沿った薬の選択③嘔気など副作用の対策④突発事象を予想して使用しやすいレスキューを患者の手元に置いておく。
 
臨床のポイント:
  1. 独居の看取りのためのケアシステム、スキルが必要である。
  1. 地域、環境、経済状況により、個別性に合ったケアプランを立てなければならない。すなわち、地域包括ケアシステムの中で医療と介護が協働し合い、必要なケアをタイムリーに与えることが重要である。
  1. 在宅がん医療総合診療料で算定するとよい。
  1. 在宅緩和ケアを行うにあたり、疼痛緩和は欠かせない。
  1. 患者の希望、信頼関係によって生き抜くための夜間セデーションを選択する。
  1. 看取りにあたっては、多職種によるチームアプローチが必要である。
  1. チーム内でのケア方針の一致や情報共有を行うために、THPをキーパーソンにする。
  1. 看取りが近くなってきた場合「お別れの紙」を渡し、最期まで見守れる体制作りをする。
  1. 人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドラインに沿って、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)を行っていく。
  1. ACPは、本人の希望を家族や関わる専門家が理解して、実現するためにどうしたらよいかを考えることで(A:ああしようか・C:こうしようかの・P:プランを考えるプロセス)と呼んでいる。
  1. 看取りまでの過程で起こる身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな痛みを取り除くよう努めなければならない。何より身体的な痛みの除去は医師の役割である。
  1. 在宅緩和ケアチームは最低限の人数が理想的である。環境、性格、希望により職種を増やす。
  1. 独居患者を医師だけで看取りまで支えるのはほぼ不可能である。多職種協働でケアにあたる必要がある。
  1. 多職種協働をするためには、本人の経済状況によって社会資源などの導入ができるキーパーソンとしてトータルヘルスプランナー(THP)の存在が必要である。
  1. 患者の希望、人生観、死生観、それまで生きてきた価値観に沿った治療方針でケアチームを選定する。
  1. すべての疾患において、終末期には「緩和」「ホスピス」を念頭に置いた「ケア」を行う。
  1. チームの中にボランティアがいると患者のQOLが向上し、ケアチームの質も向上する。
  1. 「緩和」をするためには、患者の予後予測をし、症状に合わせた治療を行うためのスキルを身に付ける。
  1. 何よりも痛みなど苦痛の除去に努めなければならない。身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな苦痛に対処する。
  1. 特に認知症の場合には以前からの本人の意思決定を代弁する喪主となる人物と話し合い、方針を決めていくべきである。
  1. 看取りの際、患者の希望と、離れて住む家族の意見が違うときには最終的に喪主となる人の意見が重要となるため、以前から患者の様子を知る者が患者の代弁者としてじっくり話し合う。
  1. チーム内の意思統一、情報共有がされていないと患者が看取りを希望していても、不安・動揺・動転してしまい救急車を呼んでしまうことがある。
  1. そうならないためには、THPをキーパーソンとし、最低1回はカンファレンスなどで会う機会をつくるようにし「顔の見える関係」になることが大切である。
  1. THPは医師の往診時間を知らせケアマネジャー等と「顔の見える関係」「心と心の分かり合える関係」になれるよう他職種と会う機会を作るための配慮をする。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから