今日の臨床サポート

振戦

著者: 大熊泰之 順天堂大学 脳神経内科

監修: 高橋裕秀 昭和大学藤が丘病院 脳神経内科

著者校正/監修レビュー済:2020/01/31

概要・推奨   

  1. 振戦の鑑別診断は、詳細な病歴に加えて臨床的観察をもとに行う。振戦が安静時に起きるのか、姿勢時、動作時なのか、身体のどの部分に起こるのか、ほかの神経症状を伴っているかなどに注意して鑑別を行う。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
大熊泰之 : 奨学(奨励)寄付など(大塚製薬,大日本住友製薬,アッヴィ合同会社)[2021年]
監修:高橋裕秀 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 振戦とは、おおむね2~12ヘルツくらいの規則的な反復する不随意運動が、身体の1カ所または何カ所かにみられるものである。
  1. 振戦の診断においては、視診と問診が最も大切である。
  1. ミオクローヌス、舞踏病、クローヌスなどの類似した不随意運動とは区別される。
  1. 「羽ばたき振戦」など慣習で「振戦」という名で呼ばれている不随意運動のなかにも、厳密には陰性ミオクローヌスなど、振戦とは異なったメカニズムのものもある。
  1. 鑑別はしばしば難しい場合もあるが、これについては >詳細情報 :診断へのアプローチ「振戦の種類による鑑別疾患」と鑑別診断のフローチャートを参照する。
  1. 振戦鑑別のためのフローチャート(1):図アルゴリズム
  1. 振戦鑑別のためのフローチャート(2):図アルゴリズム
病歴・診察のポイント  
  1. 病歴においては、振戦を生じ得る疾患の既往歴に注意する。具体的には、甲状腺疾患、肝臓・腎臓の疾患などが問題になる。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Paul Crawford, Ethan E Zimmerman
雑誌名: Am Fam Physician. 2011 Mar 15;83(6):697-702.
Abstract/Text Tremor, an involuntary, rhythmic, oscillatory movement of a body part, is the most common movement disorder encountered in clinical practice. Rest tremors occur in a body part that is relaxed and completely supported against gravity. Action tremors occur with voluntary contraction of a muscle and can be further subdivided into postural, isometric, and kinetic tremors. All persons have low-amplitude, high-frequency physiologic tremors at rest and during action that are not reported as symptomatic. The most common pathologic tremor is essential tremor. In one-half of cases, it is transmitted in an autosomal dominant fashion, and it affects 0.4 to 6 percent of the population. More than 70 percent of patients with Parkinson disease have tremor as the presenting feature. This tremor is typically asymmetric, occurs at rest, and becomes less prominent with voluntary movement. Features consistent with psychogenic tremor are abrupt onset, spontaneous remission, changing tremor characteristics, and extinction with distraction. Other types of tremor are cerebellar, dystonic, drug- or metabolic-induced, and orthostatic. The first step in the evaluation of a patient with tremor is to categorize the tremor based on its activation condition, topographic distribution, and frequency. The diagnosis of tremor is based on clinical information obtained from a thorough history and physical examination. For particularly difficult cases, single-photon emission computed tomography to visualize the integrity of the dopaminergic pathways in the brain may be useful to diagnose Parkinson disease.

PMID 21404980  Am Fam Physician. 2011 Mar 15;83(6):697-702.
著者: R Bhidayasiri
雑誌名: Postgrad Med J. 2005 Dec;81(962):756-62. doi: 10.1136/pgmj.2005.032979.
Abstract/Text Tremor is one of the most common involuntary movement disorders seen in clinical practice. In addition to the detailed history, the differential diagnosis is mainly clinical based on the distinction at rest, postural and intention, activation condition, frequency, and topographical distribution. The causes of tremor are heterogeneous and it can present alone (for example, essential tremor) or as a part of a neurological syndrome (for example, multiple sclerosis). Essential tremor and the tremor of Parkinson's disease are the most common tremors encountered in clinical practice. This article focuses on a practical approach to these different forms of tremor and how to distinguish them clinically. Evidence supporting various strategies used in the differentiation is then presented, followed by a review of formal guidelines or recommendations when they exist.

PMID 16344298  Postgrad Med J. 2005 Dec;81(962):756-62. doi: 10.1136/p・・・
著者: G Deuschl
雑誌名: J Neural Transm Suppl. 1999;56:211-20.
Abstract/Text The differential diagnosis of tremor is based on the clinical distinction of rest, postural and intention tremor and the presence of additional clinical signs and data from the medical history. The most common pathological tremors are essential tremor and the tremors of Parkinson's disease. Among the patients with essential tremor those with intention tremor are often misdiagnosed as cerebellar tremors. Patients with monosymptomatic resting tremors represent a special subgroup of Parkinson's disease. Primary orthostatic tremor and dystonic tremor are rare clinical syndromes which have recently been well defined. Holmes' tremors are defined by their low frequency and the occurrence of resting and intention tremor. Palatal tremor can be separated into two subgroups. Psychogenic tremor can be diagnosed on the basis of clinical criteria. The gold standard of tremor differential diagnosis is still based on clinical criteria.

PMID 10370914  J Neural Transm Suppl. 1999;56:211-20.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから