今日の臨床サポート

孤立性肺結節

著者: 喜舎場朝雄 沖縄県立中部病院 呼吸器内科

監修: 金城紀与史 沖縄県立中部病院

著者校正済:2021/03/10
現在監修レビュー中
参考ガイドライン:
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 肺がんの危険因子が多い患者では無症状でも胸部CTなど詳細な陰影の質的な評価と単純X線写真でとらえられないその他の異常所見の確認もする(推奨度1)
  1. 肺がんの危険因子の乏しい患者での3cm以下の石灰化を伴う結節影は良性のことが多い(推奨度1)
  1. 迅速に出現した結節影は円形肺炎を考える(推奨度1)
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
喜舎場朝雄 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:金城紀与史 : 原稿料(医学書院)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 具体的な危険因子を記述し、石灰化が無い結節では注意して観察することについて加筆修正を行った。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 孤立性肺結節とは、X線検査などによりみられる大きさ約5~30mm程度の単発性の辺縁明瞭なほぼ円形な陰影のことをいう。孤立性肺結節は呼吸器外来でよく遭遇する問題である。
  1. 健康診断での指摘や他疾患での経過観察中に発見されることが多い。
  1. 危険因子に応じて良性か悪性の可能性が高いか見極める。
  1. 結節影と合致する臨床症状があるか確認する。
  1. 過去の胸部単純X線写真があれば必ず比較する。2年間安定していれば、ほぼ悪性は否定できる。
  1. 孤立性肺結節の定義
  1. 直径3cm以下。周囲が正常肺に囲まれる。無気肺、胸水、肺門リンパ節腫脹を伴わない。
問診・診察のポイント  
  1. 喫煙歴、がんの家族歴を確認することは大事である。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Harry J de Koning, Rafael Meza, Sylvia K Plevritis, Kevin ten Haaf, Vidit N Munshi, Jihyoun Jeon, Saadet Ayca Erdogan, Chung Yin Kong, Summer S Han, Joost van Rosmalen, Sung Eun Choi, Paul F Pinsky, Amy Berrington de Gonzalez, Christine D Berg, William C Black, Martin C Tammemägi, William D Hazelton, Eric J Feuer, Pamela M McMahon
雑誌名: Ann Intern Med. 2014 Mar 4;160(5):311-20. doi: 10.7326/M13-2316.
Abstract/Text BACKGROUND: The optimum screening policy for lung cancer is unknown.
OBJECTIVE: To identify efficient computed tomography (CT) screening scenarios in which relatively more lung cancer deaths are averted for fewer CT screening examinations.
DESIGN: Comparative modeling study using 5 independent models.
DATA SOURCES: The National Lung Screening Trial; the Prostate, Lung, Colorectal, and Ovarian Cancer Screening trial; the Surveillance, Epidemiology, and End Results program; and the U.S. Smoking History Generator.
TARGET POPULATION: U.S. cohort born in 1950.
TIME HORIZON: Cohort followed from ages 45 to 90 years.
PERSPECTIVE: Societal.
INTERVENTION: 576 scenarios with varying eligibility criteria (age, pack-years of smoking, years since quitting) and screening intervals.
OUTCOME MEASURES: Benefits included lung cancer deaths averted or life-years gained. Harms included CT examinations, false-positive results (including those obtained from biopsy/surgery), overdiagnosed cases, and radiation-related deaths.
RESULTS OF BEST-CASE SCENARIO: The most advantageous strategy was annual screening from ages 55 through 80 years for ever-smokers with a smoking history of at least 30 pack-years and ex-smokers with less than 15 years since quitting. It would lead to 50% (model ranges, 45% to 54%) of cases of cancer being detected at an early stage (stage I/II), 575 screening examinations per lung cancer death averted, a 14% (range, 8.2% to 23.5%) reduction in lung cancer mortality, 497 lung cancer deaths averted, and 5250 life-years gained per the 100,000-member cohort. Harms would include 67,550 false-positive test results, 910 biopsies or surgeries for benign lesions, and 190 overdiagnosed cases of cancer (3.7% of all cases of lung cancer [model ranges, 1.4% to 8.3%]).
RESULTS OF SENSITIVITY ANALYSIS: The number of cancer deaths averted for the scenario varied across models between 177 and 862; the number of overdiagnosed cases of cancer varied between 72 and 426.
LIMITATIONS: Scenarios assumed 100% screening adherence. Data derived from trials with short duration were extrapolated to lifetime follow-up.
CONCLUSION: Annual CT screening for lung cancer has a favorable benefit-harm ratio for individuals aged 55 through 80 years with 30 or more pack-years' exposure to smoking.
PRIMARY FUNDING SOURCE: National Cancer Institute.

PMID 24379002  Ann Intern Med. 2014 Mar 4;160(5):311-20. doi: 10.7326/・・・
著者: D P Naidich, R Sussman, W L Kutcher, C P Aranda, S M Garay, N A Ettenger
雑誌名: Chest. 1988 Mar;93(3):595-8.
Abstract/Text The possible contribution of computed tomography (CT) in the management of patients with solitary pulmonary nodules (SPNs) or masses was reviewed retrospectively in 65 patients undergoing fiberoptic bronchoscopy (FOB). Nodules were evaluated by size, location, surface contour, and the presence in cross-section of a bronchus leading to or contained within the nodule or mass, a "positive bronchus sign." Thirty-five lesions were associated with a positive bronchus sign; 21 of 35 (60 percent) were diagnosed endoscopically, (p = .027); of 30 cases with a negative bronchus sign, only ten (30 percent) had a diagnosis made by FOB (p = .034). It is concluded that CT may be of use in the routine evaluation of pulmonary nodules, prior to bronchoscopy, especially in cases for which histologic evaluation is essential, especially to determine the presence or absence of a CT bronchus sign.

PMID 3342671  Chest. 1988 Mar;93(3):595-8.
著者: J D Godwin
雑誌名: Radiol Clin North Am. 1983 Dec;21(4):709-21.
Abstract/Text This article provides background information about the solitary pulmonary nodule in terms of statistics, conventional radiology, and recent attempts to apply CT to distinguishing benign from malignant nodules. A proposed scheme for analysis of the nodule is offered.

PMID 6657966  Radiol Clin North Am. 1983 Dec;21(4):709-21.
著者: A R Ellis, D L Mayers, W J Martone, B L Mitchell, N O Atuk, R L Guerrant
雑誌名: JAMA. 1981 Apr 17;245(15):1558-9.
Abstract/Text
PMID 7009903  JAMA. 1981 Apr 17;245(15):1558-9.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから