虚血性心疾患の外科的治療 :トップ    
監修: 永井良三 自治医科大学
稲葉博隆 天野篤 順天堂大学 心臓血管外科

概要

手術のまとめ: >詳細情報 
  1. 虚血性心疾患の外科治療の中心は、虚血心筋に対する血行再建を行う冠動脈バイパス術である。
  1. 手術では、内胸動脈、右胃大網動脈、橈骨動脈、大伏在静脈などのバイパスグラフトを採取し、冠動脈に吻合する。
  1. 冠動脈バイパス術の血行再建の特徴は、病変部の末梢にバイパスグラフトを吻合して、末梢の心筋の血行再建を行うことにより、将来の冠動脈狭窄部の病変の進行とは無関係に、心筋虚血の改善が長期間期待できることである。
  1. 大動脈弁、僧帽弁、さらに大血管の病変を合併し、同時手術が必要になる症例が増加している。
 
適応:
  1. 冠動脈バイパス術(CABG)の適応は、①手術による生命予後の改善が期待できる場合、②症状の改善による生活の質向上が期待できる場合、に適応となる。
  1. 適応の詳細: >詳細情報 
 
合併症: >詳細情報 
  1. 脳梗塞、創感染〔表層感染、深部感染(縦隔炎)〕
  1. 急性腎不全、周術期心筋梗塞、周術期不整脈、術後出血 
 
禁忌: >詳細情報 
  1. 手術禁忌は、ガイドライン等に基づき判断されるのが一般的である。
 
術前・術後の管理:
  1. リスクを見ながら、術前、術後の管理を行う。
  1. 術前評価: >詳細情報 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

術前検査例
  1. 合併症リスクを評価のため、術前に下記の検査を考慮する。
○ 術前評価として以下の検査を実施する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

著者校正/監修レビュー済
2017/11/30