結膜の充血 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
松井淑江 京都桂病院 眼科

概要

症状のポイント:
  1. 結膜の充血とは、文字通り結膜の充血した状態を指す。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 多量の眼脂、眼痛、視野障害、毛様充血(角膜輪部に近い充血)はred flag signであり、緊急で治療が必要となる。 エビデンス 
  1. 眼の充血を引き起こす緊急疾患としては、毛様充血を起こす急性閉塞隅角緑内障(隅角症)、細菌性角膜炎や淋菌性結膜炎、眼窩蜂巣炎が挙げられる。これらが疑われた場合には即日眼科を受診する必要がある。また、準緊急の疾患としては単純ヘルペスウイルス、アデノウイルスによるウイルス性角膜炎、真菌性角膜炎、アカントアメーバ角膜炎、急性前部ぶどう膜炎、強膜炎、小児では川崎病などが挙げられる。これらの疾患も治療が遅れると、感染リスクを増加させたり、失明、角膜穿孔などを引き起こしたりする可能性があり、疑われた場合には早急の眼科受診を勧める。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 通常、症状治療は推奨されず、診断後に加療をする。医療従事者、入院中・施設入所中患者、低免疫状態の患者、糖尿病患者、児童を除いて、点眼抗菌薬の使用は初めから積極的に行う必要はない。 エビデンス 
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 多量の眼脂、眼痛、視野障害、毛様充血を伴い緊急性が高い場合、強膜炎やぶどう膜炎が疑われる場合、難治性の結膜炎は眼科医に相談する。
 
診断へのアプローチ:(診察: >詳細情報 ・アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 眼の充血は多くは良性であるが、ときに重篤となり、視力を失う原因となることがある。緊急性のある疾患を見抜くためには問診および診察が重要である。大量の眼脂、眼痛、視野障害、毛様充血はred flag signであり、緊急で治療が必要となる。特に毛様充血を起こす急性閉塞隅角緑内障(隅角症)、細菌性角膜炎や淋菌性結膜炎、眼窩蜂巣炎は失明、角膜穿孔につながる可能性があり早急な加療が必要となる。 …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

原因の評価例
  1. 問診・診察に続いて、角膜炎の疑いがある患者には積極的に細隙灯検査を行い、角膜の状態やぶどう膜炎の有無についてチェックする必要がある。
  1. 眼の充血では積極的に採血の検査を行う必要はないが、重症の細菌性結膜炎・角膜炎、免疫が低下している患者、コンタクトレンズ使用者、新生児、初期治療に失敗した場合には施行することが推奨される。
  1. そのほか、アデノウイルス、クラミジアウイルス、ヘルペスウイルスなどはPCR法を用いて容易に診断可能である。また、眼窩蜂巣炎やムコール症を疑う場合には、早急に頭部造影CTを行う必要がある。
○ 疑う原因菌により3)~6)を考える。眼窩蜂巣炎、ムコール症を疑うときは、1)2)8)を評価する。強膜炎、ぶどう膜炎を認める場合は7)を追加する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

Red Eyeの鑑別
眼の構造(緑内障:隅角の解剖)
アレルギー性結膜炎 
感染性結膜炎・アレルギー性結膜炎の鑑別
ぶどう膜炎を起こす内科疾患
毛様充血
結膜充血
著者校正/監修レビュー済
2018/07/04


詳細ナビ