今日の臨床サポート

感染性結膜炎

著者: 中川尚 徳島診療所 眼科

監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科

著者校正/監修レビュー済:2022/02/02
参考ガイドライン:
  1. 日本眼科学会 :アデノウイルス結膜炎院内感染対策ガイドライン
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 感染性結膜炎とは、細菌、ウイルスなどの微生物の感染によって生じる結膜の炎症である。感染性結膜炎は、急性と慢性に分類でき、急性結膜炎の主な原因は、細菌、ウイルス、クラミジアである。
  1. 臨床所見から大まかな臨床診断を行った後、検査によって病因診断を行う。
  1. 病因診断に基づいて治療薬を選択して治療にあたる。
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
中川尚 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:沖波聡 : 特に申告事項無し[2022年]

改定のポイント:
  1. 定期レビューを行い、加筆修正を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報  
Ⅰ 結膜炎の原因:
  1. 結膜炎は感染性と非感染性に大別される(表1)。感染性には細菌、ウイルス、クラミジアがある。
 
表1 感染性ならびに非感染性結膜炎の原因

結膜炎の原因は感染性と非感染性に大別され、前者には細菌、ウイルス、クラミジアがあり、後者にはアレルギーや物理化学的なものが含まれる。

出典

img1:  著者提供
 
 
 

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

Hiroshi Eguchi, Tomomi Kuwahara, Tatsuro Miyamoto, Haruyuki Nakayama-Imaohji, Minoru Ichimura, Tetsuya Hayashi, Hiroshi Shiota
High-level fluoroquinolone resistance in ophthalmic clinical isolates belonging to the species Corynebacterium macginleyi.
J Clin Microbiol. 2008 Feb;46(2):527-32. doi: 10.1128/JCM.01741-07. Epub 2007 Dec 12.
Abstract/Text The clinical importance of nondiphtherial Corynebacterium, a ubiquitous member of the normal human microflora of the skin and mucous membrane, for ocular surface infections has been recognized recently. We performed an antimicrobial susceptibility test with Etest strips for three fluoroquinolones (ciprofloxacin, norfloxacin, and levofloxacin) and a taxonomic analysis on 21 isolates of Corynebacterium from ophthalmic samples. Of these, 16 isolates were identified as C. macginleyi at the species level on the basis of 16S rRNA gene sequence comparisons. The remaining five isolates were determined to be C. mastitidis (four) or C. accolens (one). Eleven of the C. macginleyi isolates showed high levels of resistance to all of the fluoroquinolones tested, and one isolate was resistant to norfloxacin alone. An analysis of the amplified quinolone-resistance-determining regions of the gyrA genes revealed that a single amino acid substitution in position 83 of the gyrA product was sufficient to generate the norfloxacin resistance phenotype, and double mutations leading to amino acid changes in positions 83 and 87 were necessary for high-level resistance against the other fluoroquinolones. We conducted the first example of multilocus sequence typing (MLST) analysis on C. macginleyi. The MLST analysis grouped the majority of C. macginleyi isolates into a single lineage, and another molecular strain typing by random amplified polymorphic DNA fragment patterns supported the finding, indicating that a particular lineage of C. macginleyi is dominant on the human ocular surface. This type of population might be particularly adaptable to the milieu on the human ocular surface.

PMID 18077650
E G Romanowski, L A Roba, L Wiley, T Araullo-Cruz, Y J Gordon
The effects of corticosteroids of adenoviral replication.
Arch Ophthalmol. 1996 May;114(5):581-5.
Abstract/Text OBJECTIVE: To evaluate the effects of Pred Forte (prednisolone acetate; Allergan Pharmaceutical, Irvine, Calif) on the replication of different adenoviral serotypes in vitro and in the adenovirus type 5/New Zealand rabbit ocular model.
METHODS: The 50% inhibitory doses of Pred Forte and its components were determined for common ocular serotypes. The effects of continuous topical treatment with Pred Forte for 18 days were evaluated (eg, conjunctivitis, subepithelial immune infiltrates, and serial ocular viral titers) in the adenovirus 5/New Zealand rabbit ocular model.
RESULTS: Pred Forte and prednisolone acetate inhibited adenoviruses 1, 5, 8, and 19 in vitro. In vivo, 1% Pred Forte significantly reduced conjunctivitis (P = .04) and subepithelial infiltrates (P = .02), but enhanced viral replication (P = .01) on days 9 to 21 and increased the duration of viral shedding (P < .001).
CONCLUSIONS: Despite demonstrated anti-inflammatory and anti-immune effects, prolonged treatment of acute adenoviral infections with topical Pred Forte is not recommended because of the enhanced risks of viral transmission and community epidemics.

PMID 8619769
Eric G Romanowski, Kathleen A Yates, Y Jerold Gordon
Topical corticosteroids of limited potency promote adenovirus replication in the Ad5/NZW rabbit ocular model.
Cornea. 2002 Apr;21(3):289-91. doi: 10.1097/00003226-200204000-00010.
Abstract/Text PURPOSE: To determine the effect of topical therapy with several corticosteroids with limited potency on viral clearance in the adenovirus type 5 (Ad5) rabbit ocular model.
METHODS: Sixty rabbits were inoculated in both eyes with Ad5. On the first day, the rabbits were equally divided into four topical treatment groups: 0.12% prednisolone acetate (PA), 0.1% fluorometholone (FM), 1% rimexolone (RMX), and control. Treatment was administered four times daily, in both eyes, for 3 days. All eyes were cultured for virus on days 0, 1, 3, 4, 5, 7, 9, 11, 14, 16, 18, and 21.
RESULTS: Compared with the control group, treatment with PA, FM, and RMX significantly increased the number of Ad5 positive eye cultures from days 7-21. Fluorometholone and RMX prolonged the duration of Ad5 shedding, and FM increased the mean combined Ad5 titer from days 1-5 and 7-21.
CONCLUSIONS: Treatment of an experimental ocular adenovirus infection with PA, FM, and RMX for 3 days significantly enhanced adenovirus replication compared with the control group. Short-term treatment of EKC with several commercially available topical corticosteroids with limited potency may offer symptomatic relief, but may also delay viral clearance and promote office and community epidemics.

PMID 11917178
E Rees, I A Tait, D Hobson, P Karayiannis, N Lee
Persistence of chlamydial infection after treatment for neonatal conjunctivitis.
Arch Dis Child. 1981 Mar;56(3):193-8.
Abstract/Text A high incidence of pharyngeal infection was found in babies with isolation-positive chlamydial conjunctivitis. Chlamydia trachomatis was isolated from the pharynx of 12 (52%) of 23 babies before treatment, and was reisolated from the eyes of 4 (12%) of 34 and from the pharynx of 14 (41%) of 34 after treatment. C trachomatis was reisolated significantly more often from babies treated only with topical tetracycline for 4 weeks (75%) than from those treated with both topical tetracycline and oral erythromycin for 2 weeks (32%). Reisolation from the eyes was associated with only minor clinical signs. Radiological signs of an inflammatory lesion in the chest were found in 2 of 8 babies examined because of persistent cough. These signs were not associated with high or rising titres of serum chlamydial antibody.

PMID 7212757

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから