感染性腸炎 :トップ    
監修: 上村直実 国立国際医療研究センター 国府台病院
永田尚義 国立国際医療研究センター病院 消化器内科

概要

疾患のポイント
  1. 感染性腸炎とは、微生物(細菌・ウイルス・原虫など)の経口感染によって起こり、下痢や悪心、嘔吐、腹痛、発熱などの症状を来す疾患群を指す。
  1. 原因となる病原体は多種多様である。
  1. 感染性腸炎を起こす代表的な病原体(原因食、潜伏期、血便・腹痛・発熱の有無):<図表>
  1. 感染症法での届出と食中毒の届出は別個に行われる。
 
法律に関する規制:
  1. 感染症法による規制では、コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフスは、3類感染症に分類され、診断した医師は、ただちに最寄りの保健所に届け出、また必要に応じて患者及び無症状病原体保有者について就業制限等の措置をする必要がある。また、アメーバ赤痢は、5類感染症(医師による届け出)に分類され、診断した医師は、7日以内に最寄の保健所に届け出る必要がある。また、ロタウイルスによる感染性胃腸炎は、5類感染症定点把握疾患に定められており、全国約500カ所の基幹定点から毎週報告がなされている。
  1. また、学校保健安全法では、コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフスは、第三種感染症に指定されており、「病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで」を出席停止の期間の基準としている。
  1. 食品衛生法では、食品、添加物、器具若しくは容器包装に起因して中毒した患者若しくはその疑いのある者(以下「食中毒患者等」という。)を診断し、又はその死体を検案した医師は、直ちに最寄りの保健所長にその旨を届け出なければならない( 食中毒患者の届出の義務 )。
 
診断: >詳細情報 
  1. 軽症で全身状態がよく出血便を認めない場合で、心窩部・腹部圧痛のない急性下痢では感染性腸炎を疑い、問診と診察により診断が行われる。
  1. 問診では、数日間(主に2~3日間)での食物や会食歴、ほかに同症状の発症者の存在(集団発生)を聴取する。また、薬剤関連性下痢症、旅行者下痢症の鑑別目的で、薬剤・抗菌薬使用歴、海外渡航歴、などを聴取する。
  1. 中等…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

中等症以上の下痢での検査例
  1. 細菌性を考えるときは抗菌薬投与前に便培養検査をオーダーする。
  1. その他(ウイルス性を含む)の場合には便培養検査は行わない。
○ 重症度の把握および原因細菌の解明を企図する場合、下記の検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

急性下痢症
感染性腸炎を起こす代表的な病原体(原因食、潜伏期、血便・腹痛・発熱の有無)
黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)
大腸菌(Escherichia coli)
セレウス菌(Bacillus cereus)
コレラ菌(Vibrio cholerae)
腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)
カンピロバクター(Campylobacter jejuni)
サルモネラ(Salmonella enterica serovarEnteritidis)
エルシニア(Yersinia enterocolitica)
著者校正/監修レビュー済
2018/08/23

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、「再発性CD腸炎への糞便移植」に関するエビデンスを追加した。


詳細ナビ