顔面紅斑 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
衛藤光 聖路加国際病院 皮膚科

概要

所見のポイント:
  1. 紅斑とは、実は厳密には炎症に基づく赤い斑と定義されるが、炎症を伴わない潮紅も含めて顔面紅斑の診断を考える。
  1. 顔面の紅斑は頬部を中心に分布する蝶形紅斑とそれ以外の分布を示す紅斑に分けられる。
  1. 原因として、全身疾患の皮膚症状である(SLE、皮膚筋炎など)場合と、皮膚限局性の疾患(丹毒、顔面白癬、接触皮膚炎、酒さ、帯状疱疹など)が考えられる。
  1. 女性で難治性の顔面紅斑をみた場合、化粧品とスキンケア用品をすべて中止すると改善することが多い。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 実地診療で遭遇する、全身症状を伴わない顔面紅斑の90%以上は湿疹・皮膚炎の範疇の疾患である。しかし丹毒や帯状疱疹などの重大な感染症、膠原病などの全身疾患が類似する臨床像で発症することがあるため全身治療の選択と開始時期は慎重に決定する。以下の症状治療が考慮される。
  1. 通常、瘙痒の強い紅斑の場合、顔面白癬を除外できた場合は弱いランクのステロイド外用薬を使用する。
  1. 臨床的に白癬を否定できない場合は診断的治療として、脂漏性皮膚炎にも適応のある抗真菌薬(ニゾラールクリーム)を使用してもよい。
  1. 片側性の紅斑で神経領域に一致した強い疼痛を伴う場合、帯状疱疹を疑い、小水疱の出現を待たずに抗ウイルス薬の内服投与を始めてもよい。
 
診断へのアプローチ: >詳細情報 アルゴリズム
  1. 痛いか、痒いか、無症状かを問診でチェックすることが重要である。また、光線過敏性の有無も重要なチェック項目である。
  1. 洗顔の方法、使用する洗浄剤(石鹸)、スキンケア用品、化粧品など、皮膚に接するものをチェックする。
  1. 全身症状では発熱、関節痛、筋痛、全身倦怠感に留意する(顔面蝶形紅斑を生じる皮膚疾患:<図表>)。
  1. 痒みがある紅斑は接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、顔面白癬を疑う。
  1. 痒みがなく、発熱、関節痛を伴う紅斑はSLEを、痒みがなく、全身症状を伴わない紅斑は酒さを疑う。
  1. 痛みと熱感がある紅斑は丹毒と蜂巣炎を、痛みと小水疱を伴う片側性紅斑は帯状疱疹を疑う。
 
鑑別疾患:(鑑別疾患のリスト: 鑑別疾患 )

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

SLEの診断のための検査
  1. 顔面紅斑はSLEの初発症状として最も重要である。
○ スクリーニング検査として、1)2)3)を行い、確定診断として4)の検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

顔面紅斑の診断のアルゴリズム
SLEの蝶形紅斑
丹 毒
脂漏性皮膚炎
小児の皮膚筋炎
尋常性乾癬
酒さ様皮膚炎
顔面蝶形紅斑を生じる皮膚疾患
SLEの蝶形紅斑
著者校正/監修レビュー済
2016/05/13