掌蹠の角化 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
高橋健造 琉球大学 皮膚科

概要

疾患のポイント:
  1. 掌蹠角化症は、遺伝性・先天性の発症であるか、遺伝性のない後天性の発症であるかにより鑑別される。
  1. さらに掌蹠に限局するのか、他の皮膚症状や他臓器症状を伴う症候性の掌蹠角化であるのか、が鑑別のポイントである。
  1. 掌蹠多汗症や足白癬を伴うことが多い。
  1. 先天性の掌蹠角化症では、びまん性のウンナ(Unna-Thost)型、フェルネル(Vörner)型、長島型の掌蹠角化症が代表的で頻度が高い。
  1. 後天性の掌蹠角化症は中年期以降に発症しやすく、癌のデルマドロームであり内臓の悪性疾患に随伴して生じる後天的掌蹠角化症、中年期以降の女性に発症する更年期角化症などがある。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 掌蹠角化症は通常、緊急性は乏しいが、付随する症状がある場合は、小児科や眼科、耳鼻科、神経内科など他科へのコンサルトや連携が必要となる。
 
治療: >詳細情報 
  1. 多くの掌蹠角化症は根本的な治療は望めず、外用薬治療など保存的治療を行う。
  1. まず外用薬治療など保存的治療を行う。
  1. 同じ病型の掌蹠角化症であっても患者によって、あるいは同一患者でも年齢や季節の変化により相性のよい好まれる外用薬が変化するため、日常診療において保湿剤、角質融解剤、ビタミンD3製剤、ステロイド外用薬などを左右に塗り分けるなど、本人が最も満足し効果の得られるものを選んで使用する。
  1. 過度の角質肥厚は、ハサミやメス、スピール膏Ⓡ、簡易グラインダーなどで機械的に除去するのも効果的である。
  1. 保存的治療に反応せず、患者の希望が強い場合はチガソンⓇの内服治療を検討する。
  1. 先天性掌蹠角化症ではしばしば掌蹠の多汗症を伴い、ときに悪臭を伴う。多汗症の治療を平行する。
  1. 足白癬を合併しやすい、診断後治療も併用する。
 
診断へのアプローチ:アルゴリズム >詳細情報 
  1. ① 遺伝性か非遺伝性か(両親、同胞の掌蹠角化の有無)、血族婚の有無、② 発症時期:先天性か後天性か(発症時期が生下時か、幼少時か、成人後か)、③ 掌蹠角化の範囲、④ 掌蹠の多汗の有無、⑤ 痒みや紅斑を伴うか。の問診がキーとなる。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

フェルネル型掌蹠角化症を確定診断する評価例
  1. フェルネル型掌蹠角化症では、この病型に特異的な顆粒変性が観察される。
○ 先天性、びまん性、随伴症状を欠く掌蹠角化症の症例では、1)により顆粒変性を確認することでフェルネル型と診断が可能である。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

掌蹠角化症の診断アルゴリズム
ウンナ(Unna-Thost)型掌蹠角化症
フェルネル (Vörner)型掌蹠角化症
長島型掌蹠角化症
後天性掌蹠角化症(Bazex[バゼー]症候群)
更年期角化症
毛孔性紅色粃糠疹
先天性厚硬爪甲症に伴う掌蹠角化症
線状PPK
毛孔性紅色粃糠疹による手掌の紅斑
著者校正/監修レビュー済
2016/05/13