カンジダ症 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
加藤卓朗 まるやま皮膚科クリニック

概要

疾患のポイント:
  1. カンジダ症は粘膜の常在菌であるカンジダによって生じる真菌症である。
  1. 皮膚と粘膜のカンジダ症は白癬に次いで多い皮膚真菌症である。
  1. 部位や年齢により病型分類されるが、多いのはカンジダ性間擦疹<図表>、乳児寄生菌性紅斑<図表>(乳児カンジダ症)、カンジダ性指間びらん症<図表>、カンジダ性爪囲爪炎<図表>、口腔カンジダ症(<図表> <図表>)である。
  1. 原因菌であるカンジダ(多くは Candida albicans )の病原性は強くない。皮膚と粘膜のカンジダ症も内臓カンジダ症ほどではないが、日和見感染症的要素が強い。ハイリスク患者に合併することは多いが、本症で生命予後が問題になることはきわめてまれである。
 
診断: >詳細情報 
  1. 診断において最も重要な検査は直接顕微鏡検査である。カンジダは粘膜の常在菌であるため、培養陽性のみでは診断の根拠にならない。病変部から採取した検体中に顕微鏡で菌要素を検出すると診断が確定できる。顕微鏡所見は、先端や連結部が細い仮性菌糸と分芽性の胞子の集団が特徴的である。
  1. 菌種の特定は培養検査で行う。培地として、サブローブドウ糖寒天、マイコセル、クロモアガー培地などが用いられる。病理組織検査は深在性皮膚カンジダ症の診断においては必須で、真皮内に菌要素を認めることが決め手である。

重症度・予後: >詳細情報 
  1. カンジダ性爪囲爪炎、口腔カンジダ症とともに、まれであるが爪カンジダ症、慢性皮膚粘膜カンジダ症、深在性皮膚カンジダ症など難治性の病型がある。
  1. 内臓カンジダ症は生命予後が問題になるが、皮膚と粘膜のカンジダ症から悪化・進展するかは判断できないことが多い。
 
治療…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

皮膚と粘膜のカンジダ症の診断のための評価例
  1. 診断は直接顕微鏡検査で行う。病変部から採取した検体中に顕微鏡で菌要素を検出すると診断が確定できる。顕微鏡所見は先端や連結部が細い仮性菌糸と分芽性の胞子の集団が特徴的である。
○ 治療開始前に直接顕微鏡検査で診断を確定する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

皮膚と粘膜のカンジダ症のアルゴリズム
間擦疹型カンジダ症
乳児寄生菌性紅斑
カンジダ性指間びらん症
カンジダ性爪囲爪炎
口腔カンジダ症
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01