有棘細胞癌(扁平上皮癌) :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
神谷秀喜 木沢記念病院 皮膚科/皮膚がんセンター

概要

疾患のポイント:
  1. 有棘細胞癌は、表皮角化細胞(ケラチノサイト)への分化を示す皮膚悪性腫瘍の代表である。
  1. なお、皮膚科領域では、扁平上皮癌と有棘細胞癌(squamous cell carcinoma、 SCC)は同義語として扱う。
  1. 先行する局所準備状態(主に瘢痕病変)としては熱傷瘢痕(<図表><図表>)、外傷性瘢痕、慢性放射線皮膚炎(<図表>)を代表とし、そのほかにもDLE、難治性潰瘍、硬化性萎縮性苔癬、褥瘡(<図表>)などが認められる。
  1. 癌前駆症として、日光角化症(<図表>)、白板症(<図表>)、Bowen病(<図表>)、汗孔角化症が挙げられる。これらの病変よりSCCへ進展する。
  1. SCCを生じやすい身体的状態として、色素性乾皮症、疣贅状表皮発育異常症、Werner症候群、AIDSなどがある。
 
診断: >詳細情報 
  1. 有棘細胞癌の確定診断は病理組織学的に行う。組織学的には表皮と連続した異型有棘細胞の浸潤性増殖を認める。角化傾向を示し、特徴的な癌真珠を形成する。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断確定のためには病理組織診断を行う
  1. 初期においては良性の上皮系腫瘍(脂漏性角化症、エクリン汗孔腫)と、進行例ではケラトアカントーマ、基底細胞癌、悪性黒色腫、付属器癌(毛包癌、汗腺癌、脂腺癌)などが鑑別に挙げられる。
○ 診断確定のためには病理組織診断を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

有棘細胞癌(SCC)の診療アルゴリズム
熱傷瘢痕癌
術前温熱放射線療法が奏効した熱傷瘢痕癌
日光角化症から生じたSCC
放射線皮膚潰瘍から生じたSCC
褥瘡から生じたSCC
白板症から生じたSCC
Bowen病からSCCへ進展した症例
Brodersの悪性度分類
熱傷瘢痕から生じたSCC
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01