虫垂炎(小児科) :トップ    
監修: 渡辺博 帝京大学医学部附属溝口病院
黒澤照喜 帝京大学医学部附属溝口病院小児科

概要

疾患のポイント:
  1. 虫垂炎とは、虫垂の閉塞により感染が起こった病態である。
  1. 小児の虫垂炎は急性腹症のなかでも比較的頻度が高く、早期に穿孔を来すことが多い。
 
診断: >詳細情報 
  1. 右下腹部痛(McBurney点)、嘔吐、発熱がみられることが多い。また、同部位の反跳痛や筋性防御も参考となる。
  1. 繰り返し診察を行って(active observation)、右下腹部痛などの主要症状を認めた場合、本疾患を疑い、画像検査および採血検査から確定診断を疑う( 解説 )。自分で痛みを表現できない乳幼児、重症心身障害児などでは痛みの評価が困難なことがある。 症例 
  1. 症状評価として、Alvarado score(MANTRELS score)あるいはPediatric appendicitis score(PAS)を用いることもできる。
  1. 上記の評価で、虫垂炎が否定できないと判断した場合は、画像検査は腹部超音波検査または腹部CTを追加する。
  1. Alvarado score(MANTRELS score):<図表>
  1. Pediatric appendicitis score(PAS):<図表>
  1. McBurney(マクバーニー)点:<図表>
  1. 虫垂炎の腹部超音波:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初期検査
  1. 右下腹部痛では虫垂炎を疑うが、それだけでは感度・特異度とも高くはない。
  1. McBurney点に限局した疼痛・圧痛・反跳痛・筋性防御は虫垂炎を強く疑うが、通常の急性胃腸炎・便秘・腸間膜リンパ節炎などのほかの疾患も鑑別に挙がる。他の所見や検査なども併せて総合的に判断すべきである。
    また、当初は心窩部痛であったり、痛みが不明瞭なことがある。さらに、乳幼児や精神発達遅滞児では痛みを正確に表現できないことが多い。穿孔を早期に来すことがあり、保護者への丁寧な説明や繰り返しの診察(active observationが必要である。
  1. 画像により虫垂の腫大・糞石の存在、腹腔内膿瘍の有無、腹水の有無などを評価する。
  1. 腹部単純X線写真(臥位)で糞石が認められた場合は虫垂炎の可能性がきわめて高くなる。腹部超音波および腹部CTの感度と特異度は90%前後と高い。
  1. 最近は腹部超音波で虫垂炎の状態を把握し、手術などの治療方針に役立てている。
○ 全身状態のよい右下腹部痛の場合、2)または3)により確定診断をする。その際、1)や血液検査も併用する。全身状態不良の場合、他疾患も鑑別に挙げながら、前述の検査の1つあるいは複数を組み合わせて確定診断する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

虫垂炎の治療アルゴリズム
腹腔内膿瘍を伴った虫垂炎の治療アルゴリズム
Alvarado score(MANTRELS score)
虫垂炎と糞石
虫垂炎の腹部臥位単純X線写真
虫垂炎の腹部超音波
虫垂炎の腹部CT
Pediatric appendicitis score(PAS)
McBurney(マクバーニー)点
著者校正/監修レビュー済
2018/04/05

改訂のポイント:
  1. 日本小児救急医学会 診療ガイドライン作成委員会編:エビデンスに基づいた子どもの腹部救急診療ガイドライン2017 第Ⅱ部 小児急性虫垂炎診療ガイドライ
に準じた加筆修正を行った。


詳細ナビ