食物アレルギー(小児科) :トップ    
監修: 渡辺博 帝京大学医学部附属溝口病院
成田雅美 国立成育医療研究センター アレルギー科

概要

疾患のポイント:
  1. 食物アレルギーは食物を介した免疫反応により多彩な症状を呈する疾患である。
  1. 症状は、皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、神経など多岐にわたり、アナフィラキシーのような重篤な症状を来すことがあるので注意が必要である。
  1. わが国の有病率は、乳児で5~10%、幼児で5%、学童期以降が1.5~3%程度と報告されている。多くは加齢に伴い、自然に耐性を獲得する。
  1. 即時型食物アレルギーの主要原因食物は、乳幼児期では鶏卵、牛乳、小麦であるが、加齢に伴いその頻度は減少し、学童期以降では、甲殻類、果物類などが増加してくる。
  1. 特殊なタイプに新生児・乳児消化管アレルギー、食物依存性運動誘発アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群などがある。
  1. 即時型食物アレルギー 原因食物の割合:<図表>
  1. 年齢別即時型食物アレルギーの原因食物:<図表>
  1. 臓器別の症状出現頻度:<図表>
  1. 食物依存性運動誘発アナフィラキシー: >詳細情報 
 
診断: >詳細情報 
  1. 問診から特定の食物と症状誘発に再現性があり、免疫学的機序が証明されれば、食物アレルギーと診断できる。
  1. 原因食物の診断方法として、最も信頼性の高い検査は、食物経口負荷試験である。しかし、食物経口負荷試験は侵襲的でもあり、原因食物を推定する検査として、血中食物抗原特異的IgE抗体検査、皮膚プリックテスト、好塩基球ヒスタミン遊離試験などがある。なお、血中の抗原特異的IgE抗体は感作の指標であり、原因食物の推定に有用ではあるが、陽性結果のみでは食物除去の治療を行う根拠にはならないことに留意する。 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 問診から特定の食物と症状誘発に再現性があり、免疫学的機序が証明されれば、食物アレルギーと診断できる。
  1. 原因食物推定のためには、詳細な問診や食物日誌の検討などが有用である。
  1. 原因食物の診断方法として、最も信頼性の高い検査は、食物経口負荷試験である。しかし、食物経口負荷試験は侵襲的でもあり、原因食物を推定する検査として、血中食物抗原特異的IgE抗体検査、皮膚プリックテスト、好塩基球ヒスタミン遊離試験などがある。なお、血中の抗原特異的IgE抗体は感作の指標であり、原因食物の推定に有用ではあるが、陽性結果のみでは食物除去の治療を行う根拠にはならないことに留意する。
○ 食物アレルギーを疑った場合は、ルーチンとして1)2)を、原因食物の推定目的で3)-5)、原因食物の確定の目的で6)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

食物アレルギー診断のフローチャート(食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎)
食物アレルギー診断のフローチャート(即時型症状)
即時型反応・アナフィラキシー出現時の治療
即時型食物アレルギー 年齢分布
即時型食物アレルギー 原因食物の割合
年齢別即時型食物アレルギーの原因食物
臓器別の症状出現頻度
食物アレルギーによる誘発症状の重症度分類
食物経口負荷試験の目的
食物アレルギーで重篤な症状を誘発しやすい要因
著者校正/監修レビュー済
2018/02/28


詳細ナビ