外陰炎、腟炎 :トップ    
監修: 小林裕明 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科生殖病態生理学
梁善光 帝京大学 ちば総合医療センター

概要

疾患のポイント:
  1. 女性の腟・外陰部は非常に多くの知覚神経が分布しており、ほんのわずかな変化でも不快感を自覚する。最初は“痒み”として認識されることが多いが、重症化すると“痛み”に変わってくる。
 
腟炎:
  1. 腟炎は、非特異性外陰・腟炎と特異性外陰・腟炎に分類される。非特異性外陰・腟炎には、一般細菌の増殖による細菌性腟症、接触性腟炎、萎縮性腟炎などが挙げられる。それぞれ疾患に応じた治療を選択しなければならない。特異性外陰・腟炎には、外陰・腟カンジダ症、トリコモナス腟症、淋菌感染症、クラミジア感染症、性器ヘルペス症などが挙げられる。 
  1. 腟外陰所見や外陰部のかゆみや痛みがあるかどうか、腟分泌物の色・匂い・顕微鏡所見・pHなどの結果に基づき治療を決定する。
  1. 外陰・腟の炎症性疾患鑑別アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 腟分泌物異常を呈する外陰・腟炎の鑑別診断:<図表>
  1. Clue cell:<図表>
  1. カンジダ偽菌糸:<図表>
  1. トリコモナス虫体:<図表>
  1. グラム染色標本による直接鏡検で観察される淋菌:<図表>
 
各疾患へのリンク:
  1. 細菌性腟症: >詳細情報 
  1. 萎縮性…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

細菌性腟症の評価・治療例
  1. 特異的外陰腟炎(カンジダ・トリコモナスなど)を確認できない場合は、細菌性腟炎として取り扱う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

外陰・腟の炎症性疾患鑑別アルゴリズム
Clue cell
カンジダ偽菌糸
トリコモナス虫体
グラム染色標本による直接鏡検で観察される淋菌
外陰ヘルペス初感染症例の外陰部所見
バルトリン腺膿瘍
腟分泌物異常を呈する外陰・腟炎の鑑別診断
著者校正/監修レビュー済
2018/08/10

改訂のポイント:


詳細ナビ