耳閉感

著者: 須納瀬弘 東京女子医科大学 東医療センター 耳鼻咽喉科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2016/07/21

概要・推奨  

症状のポイント:
  1. 耳閉感は外耳道から中枢に至る聴覚路のどの部分の異常でも起こり得る非特異的症状で、原因は多岐にわたる。

緊急対応: >詳細情報 
  1. 脳血管疾患に伴う難聴、耳性髄液漏( 症例 )、アブミ骨底板脱臼を伴う外リンパ瘻( 症例 )などは早急な対処が必要である。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 診断に迷う耳管開放症( 症例 )はルゴール通気などで診断的治療を行うとよい。ある程度の痛みがあることを説明し、同意を得てから行う。
  1. 耳管狭窄症や滲出性中耳炎では自己通気を教えると有効な場合が多い。

専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. ストレスやうつ状態が原因で症候を反復するメニエール病や急性低音障害型感音難聴などは心療内科や精神科へのコンサルトを考慮する。
  1. 中枢病変が原因の場合は疾患の性質を考慮して神経内科や脳神経外科にコンサルトする。

診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 ・アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 耳閉感の原因疾患で頻度が高いのは外耳疾患では耳垢栓塞と外耳道湿疹、中耳疾患では滲出性中耳炎、耳管狭窄症と耳管開放症、内耳疾患では蝸牛型メニエール病と急性低音障害型感音難聴である。
検査・処方例
※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時検査例
  1. 外耳道清掃後に拡大視で所見。正確に聴力検査をおこなう
○ 以下の検査は必須である。

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)


ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!