くしゃみ :トップ    
監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院
野中 学 瀬尾友佳子 山村幸江 東京女子医科大学病院 耳鼻咽喉科

概要

症状のポイント:
  1. くしゃみとは、鼻粘膜に分布する三叉神経終末の刺激情報がC線維を上行し、脳幹のくしゃみ中枢に伝達された結果誘発される、発作性の爆発的な呼気のことである。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 診断に基づいた加療を行う。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 通年性アレルギー性鼻炎の重症や花粉症の重症(<図表>)以上では、手術を要する場合があるため、専門医に相談することを考慮する必要がある。
 
診断へのアプローチ:(診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 ・アルゴリズム:アルゴリズム
  1. ポイント:
  1. 通年性アレルギー性鼻炎、花粉症、血管運動性鼻炎、好酸球増多性鼻炎、急性鼻炎、職業性鼻炎、乾燥性鼻炎等が鑑別疾患である。
  1. 水様性鼻漏、鼻閉の症状を伴う場合は、アレルギー性と非アレルギー性のものに分かれる。多くはアレルギー性である。
  1. アレルギー性鼻炎症状の重症度分類:<図表>
  1. 通年性アレルギー性鼻炎の治療アルゴリズム(鼻アレルギー診療ガイドライン):<図表>
  1. 重症度に応じた花粉症に対する治療法の選択アルゴリズム:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

問診と鼻鏡検査例
  1. 必ず問診と鼻鏡検査を行う。必要によりアレルギー検査、鼻汁好酸球検査を行う。アルゴリズム
  1. 問診としては以下を確認する
  1. くしゃみに鼻漏と鼻閉が随伴するかどうか
  1. 発症様式(通年性か季節性)、眼症状(眼の痒みや充血)、持続期間の特定
  1. 薬物の使用歴
  1. 職業歴
  1. 家族歴
  1. 鼻乾燥感、痂皮形成や鼻出血があるか聴取する
○ 下記を病態に合わせて適宜行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

くしゃみの鑑別のアルゴリズム
アレルギー性鼻炎発症のメカニズム
鼻汁中好酸球検査
通年性アレルギー性鼻炎の鼻粘膜(左)
アレルギー性鼻炎と非アレルギー性非感染性鼻炎の鑑別
アレルギー性鼻炎症状の重症度分類
通年性アレルギー性鼻炎の治療
重症度に応じた花粉症に対する治療法の選択
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01