低りん血症 :トップ    
監修: 花房規男 東京女子医科大学 血液浄化療法科
小泉賢洋 深川雅史 東海大学 腎内分泌代謝内科

概要

疾患のポイント:
  1. 血清りん(P)濃度の基準値は、一般に2.5~4.5mg/dl程度とされている。低P血症は、血清P濃度が基準値を下回る場合を指す。
  1. 血清P濃度<1.0mg/dlの高度低りん血症では症状を来すことが多い。症状は、大きく骨ミネラル代謝異常由来の症状と細胞内ATPレベル低下由来の症状に分けられる。骨ミネラル代謝異常による症状では、クル病、骨軟化症、尿路結石(尿中Ca排泄増加)などが認められ、ATP低下由来の症状では、代謝性脳症、心収縮力低下、近位筋障害、横紋筋麻痺による呼吸不全、嚥下障害、イレウス、横紋筋融解症、溶血性貧血、白血球機能低下(貪食能,遊走能)、血小板機能低下などが認められる。
 
検査適応:
  1. 外来でルーチンとして検査されることが多い。ただし、アルコール多飲者や低栄養患者、敗血症や糖尿病性ケトアシドーシスなどの患者では血清P値を積極的に検査する必要がある。

パニック値・緊急時対応: >詳細情報 
  1. 血清P濃度が2.0mg/dl以上であれば、通常治療の必要はない。
  1. 2.0mg/dl以下で無症候性の場合は、牛乳やチーズなどの乳製品を積極的に摂取するよう促す。
  1. 症候性の重度低りん血症(<1.0mg/dl)で経口摂取が困難な場合には、静注用P製剤(リン酸Na補正液)にて治療を行う。投与量は100~150mgまでとし、6時間以上かけて投与する。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 一通り検査をしても、診断に至らない症例は、専門医に紹介をする。
 
診断へのアプローチ:(診察: >詳細情報 ・アルゴリズム:アルゴリズム
  1. ①細胞外から内へのシフト、②腸管での再吸収低下(経口摂取低下)、③腎での再吸収低下――の3つの機序が考えられているが、高度の低りん血症では、単独ではなくいくつかの原因が重なって生じていることが多い。
  1. 腎近位尿細管におけるP再吸収の程度は、尿細管P最大再吸収閾値(TmP/GFR: maximal tubular reabsorption of phosphate per GFR)を用いて評価し、腎性か非腎性の評価を行う。
  1. TmP/GFR = SP– (UP X SCr)/UCr (基準値:2.5-4.5 mg/dl)
 
鑑別疾患:(鑑別疾患のリスト: 鑑別疾患 )
  1. 薬剤性:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の評価をするための検査例
  1. 低りん血症の原因となる病態・疾患は比較的多岐にわたることから、病歴の聴取を徹底する。その際、薬剤歴、飲酒歴や栄養状態に特に留意する。
○ 原因評価のため病歴に基づき、下記の1)~11)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

低りん血症診断のアルゴリズム
著者校正/監修レビュー済
2018/08/23

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、薬剤情報について修正を行った。


詳細ナビ