肩関節の痛みと運動障害 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
玉井和哉 東都文京病院整形外科

概要

症状のポイント:
  1. 肩の痛みと運動障害の原因としては、肩関節疾患、肩鎖関節疾患、頚椎疾患がある。痛みを伴う肩関節運動障害の原因としては、腱板断裂、石灰性腱炎、五十肩(肩関節周囲炎)、変形性関節症が重要である。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 強い痛みを訴える例では、試験的に肩関節内または肩峰下包内に局所麻酔薬を注入し、疼痛軽減が得られるかどうかによって原因部位を同定することがある。
 
診断へのアプローチ: >詳細情報 
  1. 痛みを伴う肩関節運動障害の原因としては、腱板断裂、石灰性腱炎、五十肩(肩関節周囲炎)、変形性関節症が重要である。特に腱板断裂はcommon diseaseであり、肩の痛みを訴える患者では常に念頭に置く必要がある。
  1. 肩の痛みの鑑別診断:アルゴリズム
  1. 診察では、関節可動域制限の有無と程度、painful arc、インピンジメント徴候、drop arm sign、外旋筋力、内旋筋力などをみる。
  1. インピンジメント徴候(Neer):<図表>
  1. 棘上筋の筋力評価:<図表>
  1. 棘下筋の筋力評価:<図表>
  1. 肩甲下筋の筋力評価:<図表>

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

肩の痛みの評価例
  1. 肩の痛みと運動障害の原因としては、肩関節疾患、肩鎖関節疾患、頚椎疾患がある。
  1. 常に腱板断裂を念頭に置く必要があるが、多くの場合、身体診察で診断できる。
  1. 単純X線写真から評価をはじめ、必要に応じてMRI、超音波検査を考慮する。
○ 1)にて評価し、必要に応じて2)を追加する。腱板断裂を疑う場合は3)4)を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

肩の痛みの鑑別診断
烏口肩峰アーチ
肩峰下の解剖
肩甲下筋腱の筋力テスト
陳旧性の腱板広範囲断裂
肩峰骨棘
腱板断裂例(MRI)
著者校正/監修レビュー済
2016/11/30


詳細ナビ