肘関節靱帯損傷 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
藤岡 宏幸1) 田中 寿一2) 1)兵庫医療大学リハビリテーション学部 2)兵庫医科大学整形外科学教室

概要

疾患のポイント:
  1. 肘関節靱帯損傷は、転倒して手をついたときに生じる捻挫程度のものから肘関節不安定性を来すような高度な靱帯の機能不全を呈するものまである。
 
急性肘関節靱帯損傷:
  1. ポイント:
  1. 急性肘関節靱帯損傷は肘関節の脱臼や骨折に合併してみられる。
  1. 診断:アルゴリズム
  1. 急性靱帯損傷:肘関節4方向のX線像により肘関節部での脱臼とそれに関連する骨折を把握する。<図表>
  1. 肘関節に対して内反や外反ストレスを加えて不安定性や疼痛などの症状が誘発されるか否かを確認する。また、X線透視下での肘関節内反および外反ストレス検査によって、肘関節側副靱帯損傷の程度を確認する。
  1. 肘関節部での脱臼:<図表>
  1. 外傷性脱臼後肘関節不安定症:<図表>
  1. 治療: >詳細情報 
  1. 急性肘関節靱帯損傷は基本的にはギプス包帯固定による保存療法を行う。
  1. 肘関節脱臼において整復しても肘関節の不安定性が残存し、容易に再脱臼する症例では、靱帯損傷が重症である(靱帯機能不全を来す可能性が高い)と考え、手術による靱帯修復を行う。
 
慢性肘関節靱帯損傷:
  1. ポイント:
  1. 慢性肘関節靱帯損傷は過去の脱臼や骨折の後遺症としてみられる場合と、野球などの投球による繰り返す靱帯への力学負荷によって生じる場合がある。
  1. 診断:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

急性・慢性の肘関節靱帯損傷の評価例
  1. 肘関節に対して内反や外反のストレスを加えて不安定性や疼痛などの症状が誘発されるか否かを確認する。また、X線透視下での肘関節内反および外反ストレス検査によって、肘関節側副靱帯損傷の程度を確認する。
  1. 治療に関しては、急性肘関節靱帯損傷は基本的にはギプス包帯固定による保存療法を行う。将来の靱帯機能不全を来す可能性が高い症例(脱臼整復後にも容易に再脱臼するなどの著明な不安定性が残存する症例など)では積極的に早期の靱帯修復を行う。
○ 診断のために1)を行う。手術の適応の評価目的で2)3)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

肘関節靱帯損傷に対する治療戦略
肘関節の解剖
肘関節部での脱臼
慢性靱帯損傷
肘関節内側側副靱帯障害の診断ポイント
外傷性脱臼後肘関節不安定症
骨折を伴った肘関節部脱臼
高度な靱帯損傷を伴う肘関節脱臼
投球による内側側副靱帯損傷の発生メカニズム
肘関節内側側副靱帯障害に対する筋力訓練
著者校正/監修レビュー済
2016/06/10


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ