手の腱鞘炎、ばね指、ドケルバン腱鞘炎 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
堀内行雄 川崎市立川崎病院

概要

疾患のポイント:
  1. ばね指とドケルバン病は、靱帯性腱鞘とそこを通過する腱との間のアンバランスによって生じる狭窄性腱鞘炎である。手指の腱鞘炎で指の屈伸時にばね現象を生じるものをばね指と呼ぶ。
 
ばね指:
  1. ポイント:
  1. ばね指は靱帯性腱鞘(A1プーリー)とそこを通過する屈筋腱との間で屈伸により繰り返す機械的刺激で生じる腱鞘炎である。 解説 
  1. 指屈筋腱の腱鞘(屈筋腱と指靱帯性腱鞘):<図表>
  1. 軽症例では軽く引っかかる程度であるが、進行すると次第にばね現象が強くなり、容易には伸ばせなくなり、曲がったままとなる。
  1. 診断:
  1. ばね現象が確認できるか、MP関節掌側部の圧痛があり、MP関節掌側部を触診しながら屈伸させ、ばね現象やこすれ感が触知できれば腱鞘炎(ばね指)と診断する。
  1. 狭窄性腱鞘炎(ばね指、ドケルバン病)の診断・治療の流れ:アルゴリズム
  1. 予後:
  1. 通常、腱鞘内ケナコルト注射で著効する。 解説 
  1. 治療:
  1. 軽症例はIP関節、PIP関節、MP関節を固定する装具で改善の可能性もある。 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

手の腱鞘炎、ばね指、ドケルバン腱鞘炎の治療例
  1. 第1選択にする治療法である。ケナコルトA 5mgと1%キシロカイン0.5mlを26(27)G針で腱鞘内に注入する。実際は、この量の2/3程度の注入で十分である。再発する場合は、再度注射可能であるが、3カ月以上あけることが望ましい。3カ月の間隔をあければ、この量なら腱実質に無理に注入しなければ腱断裂の危険はきわめて少ない(筆者も実際に腱断裂の経験はない)。
○ 初回、あるいは再発例でもまずは腱鞘内注射を行い、何度も短期間で再発するときは手術を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

狭窄性腱鞘炎(ばね指、ドケルバン病)の診断・治療の流れ
指屈筋腱の腱鞘(屈筋腱と指靱帯性腱鞘)
ばね指の注射部位
ばね指(腱鞘炎)における腱鞘切開術
伸筋腱背側第1区画の解剖学的変異(隔壁)
Finkelsteinテスト(ドケルバン病の誘発テスト)の名称と方法
岩原・野末テスト(ドケルバン病の誘発テスト)
ドケルバン病の注射法
ドケルバン病手術の方法と注意点
著者校正/監修レビュー済
2017/01/20


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ