プライサー病 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
佐藤和毅 慶應義塾大学 整形外科学教室

概要

疾患のポイント:
  1. プライサー病とは、外傷歴の有無にかかわらず手舟状骨全体に及ぶ壊死像を呈するものである。ただし、偽関節に続発する例は除外される。
 
診断:アルゴリズム  >詳細情報 
  1. 解剖学的かぎタバコ窩(anatomical snuff box、<図表><図表>)を中心に著明な滑膜炎に基づく腫脹と圧痛を認める。また、他の手関節周囲慢性疾患に比べ、早期より高度な手関節可動域制限を呈することが多い。
  1. 単純X線像で、初期には舟状骨の骨硬化像を認め、病期の進行に伴い分節像、病的骨折、圧潰像、末期には関節症性変化を呈する。
  1. MRIでは T1強調像、T2強調像とも手舟状骨広範囲が低信号を呈し、嚢腫部はT2強調像で高信号を示す。
  1. 鑑別疾患である、舟状骨骨折、舟状骨偽関節、手関節狭窄性腱鞘炎(de Quervain病)、母指CM関節症を除外し、診断となる。
  1. 手根部と手の外側面:<図表>
  1. 手根部と手の外側面:<図表>
  1. 単純X線像、舟状骨の分節像、病的骨折、圧潰像:<図表>
  1. 単純X線像、プライサー病末期の関節症性変化:<図表>

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断、保存療法例
  1. ほとんどすべての患者で、単純X線(手関節4方向/正側両斜位、舟状骨撮影)、MRI撮像を行う。
  1. 保存療法が病態の進行を抑えるかどうかのエビデンスはないが、軽症例に対して保存療法として手関節固定用スプリントによる局所安静、消炎鎮痛薬内服・外用薬処方が行われることがある。
○ 本疾患を疑ったらまず1)を、骨壊死の確認に2)を行う。保存療法として6)、要すれば3)~5)を処方する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

プライサー病の診断と治療のアルゴリズム
手根部と手の外側面
手根部と手の外側面
単純X線像、舟状骨の分節像、病的骨折、圧潰像
単純X線像、プライサー病末期の関節症性変化
MRI T1強調像
プライサー病のstage分類
著者校正/監修レビュー済
2016/08/19


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ