脚長不等 :トップ    
監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室
髙村和幸 福岡市立こども病院 ・感染症センター

概要

症状のポイント:
  1. 脚長不等症は、どちらかの下肢の成長障害もしくは過成長により惹起される。

緊急対応: >詳細情報 
  1. 脚長差で緊急な対応を必要とすることはない。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 脚長差に対して足底板や補高を付けた靴などで脚長補正を行う。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 原因疾患のはっきりしない特発性片側肥大症や片側の形成不全では経過を観察し、下肢長差が2㎝以上になれば専門医に紹介する。経過観察する場合、単に脚長差だけではなく、下肢軸の変化、下肢軸に対する膝関節、足関節の傾き、臼蓋の被覆状況にも注意をする必要があり、異常が生じれば早期に専門医に紹介する。
 
診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 ・アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 乳児期に脚長差に気づかれる場合もあるが、多くは下肢の長さの違いではなく先天性股関節脱臼によるみかけ上の脚長差の場合が多いため、先天性股関節脱臼の鑑別が必要である。股関節単純X線、立位全下肢単純X線で鑑別が出来る。
  1. 立位全下肢単純X線:<図表>
  1. 形成不全の原因としては、先天異常による下肢の形成不全や骨折などの外傷、化膿性関節炎などの炎症による成長障害などが挙げられる。
  1. 過成長を来す疾患としては、血管腫を伴うKlippel-Trenaunay症候群、神経線維腫症、外傷後、関節炎後などの過成長、原因のわからない特発性片側肥大などが挙げられる。
  1. 成長に伴い脚長不等が増大する場合が多く、長期の経過観察が必要となる。
  1. Klippel-Trenaunay症候群、Beckwith-Wiedemann症候群、Proteus症候群、Russe…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

原因の評価例
  1. 乳児期に脚長差に気づかれる場合もあるが、多くは下肢の長さの違いではなく先天性股関節脱臼によるみかけ上の脚長差の場合が多いため、先天性股関節脱臼の鑑別が必要である。股関節単純X線、立位全下肢単純X線で鑑別が出来る。
  1. 立位全下肢単純X線:<図表>
  1. 形成不全の原因としては、先天異常による下肢の形成不全や骨折などの外傷、化膿性関節炎などの炎症による成長障害などが挙げられる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

脚長不等の鑑別のアルゴリズム
立位全下肢単純X線
Russell-Silver症候群
仮骨延長術
Klippel-Trenaunay症候群の患者におけるステープルによる骨端線抑制術長い方の脚を短い方に合わせる
8-plateによる骨端線抑制術
脚長差による背中の高さのちがい(下肢形成不全による脚長差を呈した症例)
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01