大腿骨寛骨臼インピンジメント :トップ    
監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室
星野裕信 浜松医科大学 整形外科

概要

疾患のポイント:
  1. 大腿骨寛骨臼インピンジメント(femoroacetabular impingement、FAI)は、大腿骨側の形態異常と寛骨臼側の形態異常およびその両者の形態異常が存在することにより、日常生活動作における股関節の可動時に、大腿骨頭や大腿骨頚部が寛骨臼縁に衝突を来して関節唇損傷や軟骨損傷を生じる病態である。股関節の可動域制限、決まった姿勢による疼痛の誘発、クリックなどの症状を認める。
  1. 大腿骨側の形態異常によるものをcam type、寛骨臼側の形態異常によるものをpincer type、両者の合併するものをcombined typeまたはMixed typeという。 解説 
  1. FAIのタイプ:<図表>
 
診断:アルゴリズム >詳細情報 
  1. 以下の所見を認めるときに診断となる。
  1. 疼痛誘発動作が明らかである。
  1. 股関節内にキシロカインを注入し、疼痛の軽減または消失がある。 解説 
  1. 股関節単純X線像にてpincerやcamに特有の所見がある。 解説 
  1. 股関節単純X線像:pistol-grip deformity:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 単純X線によりFAIに特有の骨の形態を把握する。
  1. camは大腿骨頭から頚部の形態異常により股関節屈曲時に大腿骨頭の隆起部に股関節唇が挟み込まれたり、大腿骨頭が寛骨臼縁で外側から内側にかけての剪断力が生じることにより、寛骨臼縁軟骨移行部において関節唇損傷を来す。pistol-grip deformityの有無、頚部オフセットの減少により判断する。
  1. pincerは寛骨臼側の形態異常により関節唇が挟み込まれることにより生じ、寛骨臼が後方へ捻れている状態(acetabular retroversion)であったり、寛骨臼の前後方向への捻れは正常であるが、寛骨臼縁が前方に張り出している状態(anterior over coverage)や、深い寛骨臼(coxa profunda)であるために、過度でない股関節の屈曲可動域において、大腿骨頚部と寛骨臼縁が衝突することによって生じる関節唇の断裂または寛骨臼縁軟骨移行部におけるdetachmentを来す。単純X線上cross-over signやPRIS sign、posterior wall signを呈する。
 
股関節造影CT:
  1. 股関節造影直後にCTを撮影する。CTは水平断だけでなく、前額断も評価する。
  1. 関節唇の評価のみならず、軟骨の評価も可能である。
  1. ほとんどが関節唇と軟骨の損傷を合併しており、関節唇単独の損傷はまれである。
  1. 股関節造影(透視下にウログラフィン5mlとキシロカイン5mlを混合して注入)
  1. まず大腿動脈をマーキングし、透視イメージをみながら大腿動脈より1㎝以上外側で骨頭中心より遠位に当てるように23Gカテラン針を刺入。骨に当たったら少しずつ引きながらシリンジに圧を加え、抵抗なく注入できるところで注入するとうまく入る。
  1. 注入後はX線撮影(正面、側面、牽引正面、外転、内転、外旋、内旋)を行い、その後、速やかにCTを撮影する。CTは水平断、前額断、矢状断で評価できるとよい。
○ 1)は必ず行う。股関節単純X線で本症が疑われ、股関節ブロックなどによる疼痛の軽減を認める例では2)を、さらに必要な場合に3)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

診断から治療まで
FAIのタイプ
anterior impingement test
posterior impingement test
股関節唇損傷の形態分類
cross-over sign
prominence of the ischial spine (PRIS)sign
posterior wall sign
pistol-grip deformity
MR arthrography (MRA)
著者校正/監修レビュー済
2016/06/10


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ