股関節唇損傷 :トップ    
監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室
内田宗志 産業医科大学 整形外科

概要

疾患のポイント:
  1. 股関節唇損傷とは、臼蓋辺縁についている環状の線維軟骨組織が損傷をうけることである。多くは、臼蓋形成不全、大腿骨寛骨臼インピンジメント(股関節インピンジメント)などによる骨形態異常が原因である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 以下の所見を認める場合に診断となる。
  1. 鼠径部、大転子、梨状筋部分の疼痛。
  1. 最も信頼性の高い前方インピンジメントテストで陽性
  1. 単純X線で、臼蓋形成不全や股関節インピンジメント(FAI)が示唆される。
  1. 造影MRもしくは3T−MRで股関節唇損傷が示唆される。<図表>
  1. FABER test、前方インピンジメントテスト、後方インピンジメントテストで陽性
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 症状が進行すると、立位や歩行時痛が出現する。軽症例は患部安静、関節内ステロイド注射で改善する。
 
治療:アルゴリズム >詳細情報 
  1. ポイント:
  1. X線写真で、股関節インピンジメントが示唆される場合、保存療法無効例、造影MRのより股関節唇が示唆されるものは、手術療法を選択する。
  1. 保存療法:
  1. 患部安静、理学療法、内服薬、関節内ステロイド注射
  1. 手術療法:
  1. 関節鏡視下手術により、股関節唇を修復もしくは再建する。股関節インピンジメントによる股関節唇損傷に対しては、同時にインピンジメントの原因となる骨を切除する。さらに関節包を縫合する。臼蓋形成不全によるものに対しては、関節唇の処置に追加して、骨切り術もしくは臼蓋形成術が必要になることがある。
 
専門医相談のタイミング:<…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための検査例
  1. 鼠径部、大転子、梨状筋部分の疼痛を主訴とし、前方インピンジメントテストで陽性となることが診断に有用である。
  1. 検査では、単純X線で、臼蓋形成不全や股関節インピンジメント(FAI)が示唆される。
  1. また、造影MRもしくは3T−MRで股関節唇損傷が示唆される。
○ 股関節インピンジメントと症状が続く場合、スクリーニングとして1)2)、さらに病態に合わせて3)4)を適宜行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

アルゴリズム 股関節唇損傷
股関節痛の診断のアルゴリズム
股関節唇の解剖
Femoroacetabular impingement
股関節唇損傷の関節鏡写真
股関節唇損傷の理学所見
股関節唇損傷の理学所見
股関節唇損傷の身体所見
股関節唇損傷の身体所見
股関節唇損傷のMR画像
著者校正/監修レビュー済
2017/02/28


詳細ナビ