アキレス腱炎(症)・周囲炎 :トップ    
監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室
熊井司 奈良県立医科大学 スポーツ医学講座

概要

疾患のポイント:
  1. アキレス腱炎(症)・周囲炎とは、アキレス腱実質の疼痛と腫脹を呈する疾患である。アキレス腱炎(腱症)は、明らかな外傷歴は認めないものの、無意識下に起こっている微細損傷や小断裂によるアキレス腱実質内の変性と退行性変化(瘢痕化、変性肉芽組織)が主な病態である。一方、アキレス腱周囲炎とはアキレス腱を包んでいる腱膜の1つであるパラテノンの炎症である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 問診・診察の所見では、アキレス腱炎(症)では運動時のアキレス腱部の疼痛、腫脹が主訴であり、周囲炎では熱感を伴うことも多く、進行すると安静時痛が出現し歩行困難となる。足関節背屈で疼痛が増強し、捻髪音(crepitation)を認めることもある。アキレス腱炎(症)では足関節の底背屈により圧痛部位が移動するが、腱周囲炎では同じ部位にとどまることで鑑別できる。
  1. 画像所見では、超音波検査所見では、腱の肥厚像とともにカラードプラー法で腱周囲の新生血管を評価することも可能である。また、MRIでの評価では、腱の肥厚像や腱実質内または周囲の異常信号の確認が診断に有用である。
  1. アキレス腱周囲炎:<図表>
  1. アキレス腱炎(症)のMRI:<図表>
  1. アキレス腱周囲炎のMRI像(STIR画像):<図表>
 
重症度・予後評価: >詳細情報 
  1. オーバーユースによる腱の変性とその修復不良が主な病態であるため、長期経過例では難治性となりやすい。
 
治療: >詳細情報 
  1. ポイント:
  1. 初期治療として通常保存療法を行い、少なくとも6カ月間の経過をみる。スポーツ選手の場合、長期間の局所安静は非現実的であり、手術療法となることもある。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時のルーチン評価例
  1. アキレス腱実質の疼痛と腫脹を呈する疾患で、アキレス腱付着部症とは病態が異なり鑑別すべき疾患である。
  1. 確定診断のためにMRI、X線による評価を行う。
○ 診断のために1)2)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

アキレス腱周囲炎
アキレス腱炎(症)のMRI
アキレス腱周囲炎のMRI像(STIR画像)
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01