アナフィラキシー :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
永井秀哉 福井県立病院 救命救急センター

概要

疾患のポイント:
  1. アナフィラキシーとは、「アレルゲン等の侵入により急速に発症した重度の全身性アレルギー反応で、死に至る危険があるもの」と定義される。そのうち、血圧低下等の循環障害を伴うものをアナフィラキシーショックと呼ぶ。
  1. アレルゲンとの接触後、数秒~2時間(通常は5~30分)で発症する。
  1. 皮膚粘膜症状(80~90%)、呼吸器症状(40~60%)、消化器症状(30%)、循環器症状(30%)が急速に進行する。
  1. アナフィラキシーの症状:<図表>
  1. 刺激された肥満細胞と好塩基球から放出されたメディエーターが全身に作用する。刺激の機序により、免疫原性(IgE依存性、IgE非依存性)、非免疫原性に分類される。
  1. 1~23%で、初回反応から1~72時間(多くは8~10時間)後に二相性反応(症状の再燃)がみられる。
 
診断: >詳細情報 
  1. ポイント:
  1. 初期診療に寄与する有用な検査はない。病歴、身体所見から下記の診断基準を参考に臨床診断を行う。皮膚粘膜症状がない場合(10~20%)や、自覚症状を訴えられない(意識障害や全身麻酔中の)患者では、診断が難しい。特に小児の食物アレルギーや、蜂毒で皮膚症状がないことが多い。
  1. アナフィラキシーの皮疹:<図表>
  1. 診断基準:
  1. 以下の3つのいずれかを満たした場合に診断となる。8割の症例は診断基準1を満たす。
  1. 診断基準1:S + (A or B or C)(1症状以上):<図表>
  1. 皮膚粘膜症状(Skin)が急速(数分から数時間)に出現し、気道(Airway)、呼吸(Breathing)、循環(Circulation)のいずれか1症状以上を伴う。
  1. 診断基準2:ABCDS(2症状以上)<図表>
  1. 一般的にアレルギーの誘因となりうる物質への曝露後、気道(Airway)…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

急性症状の治療
  1. 最優先すべきはアドレナリンの筋注であり、効果がなければ反復投与する。
  1. ショックがある場合は生食またはリンゲル液の急速輸液を行う。
  1. 抗ヒスタミン薬、ステロイドには緊急治療薬としての効果はない。
○ 最も大事な治療は1)である。ショックがある場合は2)を投与する。気道、呼吸、循環に異常があれば、必要に応じて3)4)の処置を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

アナフィラキシーの初期治療における症状別アプローチ
重症度に基づいた症状に対する治療
緊急処置後の流れ
アナフィラキシーの重症度評価(参考)
初期治療(European academy of Allergy and Clinical Immunologyガイドラインより)(参考)
アナフィラキシーの症状
アナフィラキシーの診断基準① S + (A or B or C)
アナフィラキシーの診断基準② ABCDS
アナフィラキシーの診断基準③ C
即時型アレルギーの重症度分類(アナフィラキシーに限らない)
著者校正/監修レビュー済
2018/07/23


詳細ナビ